ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉ヘルプデスク追加

多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉ヘルプデスク追加

投稿日 : 2018.10.25

指定なし

ホテル関連ニュース

デジタルマーケティング支援、AIシステム開発等のITサービスを展開する株式会社マックスマウスは、多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉に、新たに社内向け総合ヘルプデスク、教育機関・ホテルのサイト訪問者向けヘルプデスクを追加した。

出典:マックスマウス

格安費用、幅広い多言語対応、最短3日でのスピード導入

デジタルマーケティング支援、AIシステム開発等のITサービスを展開する株式会社マックスマウスは、多言語AIチャットボット頼友〈ヨリトモ〉に、新たに社内向け総合ヘルプデスク、教育機関・ホテルのサイト訪問者向けヘルプデスクを追加。

いずれも、初期5万円~・月額3万円~という業界有数の格安費用、幅広い多言語対応、プリセット済みQ&Aデータを活用した最短3日でのスピード導入、などを特長としている。

頼友〈ヨリトモ〉forホテルは、ホテル・旅館といった各種宿泊施設向けのサービス案内AIチャットボット。

主にホテルの公式サイトからリンクして設置するもので、ホテル利用客の質問にAIチャットボットが自動応答する。宿泊予約の方法、設備の種類、周辺地域の観光など、検討中の利用客が知りたいことに答えることで、予約率アップに貢献する。

オプションで外部翻訳サービスを活用した多言語自動翻訳に対応し、日本語回答文を用意するだけで、対応する各言語での自動応答も可能になる。海外からの訪日観光客が増加する昨今、ホテルの事前調査需要に応えられる意義は大きく、AIチャットボットが訪日観光客からの予約獲得を後押しする効果が期待できる。

これらの製品は、現在、10月24~26日(金)に幕張メッセで開催されている「AI・業務自動化展」にて展示されている。

【合わせて読みたい】

「グランドニッコー東京台場」が多言語AIチャットボット導入

AIチャットボット「talkappi」がTL-リンカーンと連携

多言語AIチャットボット「talkappi」災害情報提供機能

シダックス運営ホテル、チャットボット連携AIスピーカー導入

LINEトラベルjp、旅行先検索チャットボット導入

訪日客向けチャットボット「Bebot」災害時サポート機能開始

「triplaチャット宿泊予約」がホテルグレイスリー銀座にて導入開

関連記事