ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本初、IR業界を体系的に学べる専門学校が誕生

日本初、IR業界を体系的に学べる専門学校が誕生

投稿日 : 2019.04.16

大阪府

インバウンド

大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校は、IR(統合型リゾート)業界で活躍するグローバル人材を輩出するIR・ホテル&リゾート科(3年制)、IR・MICEマネジメント科(4年制)で学ぶ学生の募集を2019年4月より開始、2020年4月入学予定。

IRの専門学校が2020年4月大阪市西区に開校

出典:大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校

IR(統合型リゾート)とは、ホテル、劇場、テーマパーク、ミュージアム、スパ、カジノのほか、国際会議場や展示会場など1つの区域に多くの施設を含む複合観光施設。

この度、新設するIR・ホテル&リゾート科(3年制)、IR・MICEマネジメント科(4年制)は、IRで活躍する人材に必要となる、おもてなしやホスピタリティ精神、立ち振る舞いのほか、半年または1年間の語学留学と海外インターンシップにより語学力向上はもちろん、多文化の中で磨かれる国際感覚を身につけ、カジノを含め各施設のオペレーションやマネジメントを体系的に学べる学科となる。

各企業との連携により卒業後の進路サポートも含め万全の体制が整うという。

日本政府は2030年までに訪日外国人6,000万人超を目指しておりその原動力にもなりうるIRへの期待も膨らむ一方で、人材不足の予想も大きく取り上げられている。

この度大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校で新設するIRの学科では、IRで活躍する、多文化に対応でき、高度なホスピタリティ技能と豊富な知見を兼ね備えたグローバル人材を育成し、多くの学生の夢を叶える新学科をスタートさせる。

【IRコースの主な特徴】

・留学や海外インターンシップで国際感覚と語学力が身に付く

・新たな職業に就くチャンスが得られる

・カジノマネジメントを含め、様々な施設サービスとオペレーションが学べる

・和のおもてなし、ホスピタリティが身に付く

【合わせて読みたい】

ウィン・リゾーツ、日本でのIR開発に向けて日本事務所を設立

ハウステンボス、九州・長崎IR候補地に関する基本合意

ラッシュ・ストリート・ジャパン「日経 統合型リゾートセミナー in 北海道」

北海道虻田郡留寿都村、統合型リゾート(IR)構想

日本MGMリゾーツ、IR候補地「大阪ファースト方針」

国内にカジノができても半数以上が「遊びに行かない」と回答

ハードロック、苫小牧におけるIR構想を発表

関連記事