ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ウェスティン ルスツリゾート「アースアワー2019」に参加

ウェスティン ルスツリゾート「アースアワー2019」に参加

投稿日 : 2019.03.26

北海道

ホテル関連ニュース

ウェスティン ルスツリゾート(北海道虻田郡留寿都村泉川)は、2019年3月30日(土)午後8時30分から9時30分までの60分間に開催される世界最大の環境キャンペーン「アースアワー」に参加する。

世界規模の地球温暖化防止プロジェクトに協力

「アースアワー」とは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで「地球温暖化の緩和」と「地球環境保全」のへの思いを示す、 ソーシャルグッドプロジェクト。

WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)が提唱する取組みで、日付変更線に近い南太平洋諸国からアースアワーは始まり、 現地時間の8時30分を迎えた地域から順次消灯を行い、 消灯リレーが地球をぐるりと地球を1周する。

ウェスティン ルスツリゾートでも、同日の午後8時30分から午後9時30分まで、ホテルエントランスやロビー、レストランを中心に、照明の消灯・減灯を行い、キャンドル型ライトを設置。いつもの雰囲気とは異なるキャンドルの優しい光の演出に、地球環境や自身の未来について思いをはせるきっかけとなる。

また宿泊客に、部屋の電気を60分消すことでアースアワーに参加してもらうよう声がけをする。参加してもらえる人には、オールデイダイニング「アトリウム」において3月30日限定で提供されるアースアワースペシャル オリジナルカクテル「GAIA(ガイヤ)」と「AQUA(アクア)」(500円税・サ込)を無料で利用できるチケットをプレゼント。

消灯の参加表明をした客室の数と、パブリックスペースの消灯・減灯により、削減した温暖化ガスを計算しWWFへ報告する。

また、ウェスティン ルスツリゾートでは、毎年アースアワーと同じ日に「スカイランタン」を飛ばすオリジナルイベントを実施。各々の願い事を書いたスカイランに火をつけ、ランタンの中が暖かい空気で満たされ、自力で浮き上がるのを待ち、夕焼けの空へ飛ばす。ロウソクの力だけで空高く舞い上がるスカイランタンに、地球温暖化の防止、未来への願いを込める。

出典:マリオット・インターナショナル

【合わせて読みたい】

北海道虻田郡留寿都村、統合型リゾート(IR)構想

ANA、バイオ・ジェット燃料購入を決定

オリエンタルランド「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」受賞

ウェスティン、東京マラソンとオフィシャルパートナーシップ

関連記事