ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」2019年12月開業

「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」2019年12月開業

投稿日 : 2019.08.01

大阪府

新規ホテル情報

ホテル運営会社であるホテルマネージメントジャパンは、2019年12月開業を予定している新ブランドホテル「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」の宿泊予約受付を本日8月1日(木)より開始する。

関西空港から電車で約5分、りんくうゲートタワービル直結

出典:オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう

「オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう」は、りんくうゲートタワービル内(1階・2階・15・16・19~24・26階部分)にあり、関西空港まで電車で約5分、JR・南海電鉄と2本の鉄道が乗り入れる“りんくうタウン駅”に直結、国内外のブランド約210店舗が揃う「りんくうプレミアム・アウトレット」をはじめ、「りんくう公園」「マーブルビーチ」にも近く、恵まれたロケーションに位置している。

同ホテルは“ゆとりと和のもてなし”をコンセプトに、広々とした客室と日本人の美意識を感じる要素を随所に取り入れ、日本らしさを感じる旅の楽しみを提供する、レジャー利用を主体とした宿泊特化型ホテル。

出典:HMJ

客室の約60%がリビングとベッドルームが独立した、30㎡以上の広々としたゆとりの空間が特徴。現代的でスタイリッシュなインテリアに日本の伝統色をさりげなく添え、日本の空の玄関口に相応しい和のもてなしを込めた柔らかく落ち着いたデザイン。

ホテルの客室は15・16・19~24・26階フロアにあり、高層階ならではの、見晴らしの良い景色と夜景を楽しめる。

出典:HMJ

【オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう 概要】
所在地:大阪府泉佐野市りんくう往来北 1
規模:りんくうゲートタワービル内 1 階(ロビー)、2 階(カフェ&バー)、15・16・19~24・26 階(客室)
客室:全258室(ダブル:58室、ツイン:193室、スイート:7室)

出典:HMJ

大阪府泉佐野市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、泉佐野市には宿泊施設が44、部屋数にして3,503室が提供されている。新規開業予定は3施設、部屋数にして1,273室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは258室で開業すると5位にランクインする。

【合わせて読みたい】

りんくうプレミアム・アウトレット、増設計画にグランピング

ホテルWBFグランデ関西エアポート、開発着手

グランドゥース「Grandouce関西空港」2019年4月初旬開業

変なホテルが2019年大阪、京都の関西地域で相次ぎ開業

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事