ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > りんくうプレミアム・アウトレット、増設計画にグランピング

りんくうプレミアム・アウトレット、増設計画にグランピング

投稿日 : 2019.07.18

大阪府

ホテル関連ニュース

三菱地所・サイモン株式会社は、りんくうプレミアム・アウトレット(大阪府泉佐野市)の第5期増設に着手。大阪湾を一望できるエリアにグランピング施設が登場するなど、多目的な機能を兼ね備えたシーサイドアウトレットに進化、開業20周年となる2020年夏の開業を目指す。

多目的なシーサイドアウトレットへ、20周年の2020年夏開業

出典:三菱地所・サイモン

りんくうプレミアム・アウトレットは、関西国際空港の対岸であるりんくうタウンに位置し、三菱地所・サイモン株式会社の国内2か所目のプレミアム・アウトレットとして、2000年11月に開業した。

2002年3月、2004年12月、2012年7月の増設を経て、開業から2019年6月までの累計で、1億人を超える国内外の顧客に利用されているという。

今回の増設は、大阪府の「りんくう公園予定地(空港連絡道路南側)」の公募に応札し、事業者として決定され行うもの。

同増設により、りんくうプレミアム・アウトレットは、2020年春の増設で国内最大のアウトレットとなる御殿場プレミアム・アウトレットに続き、店舗数約260店舗、店舗面積約49,600㎡の国内最大級のアウトレットへとパワーアップする。

大阪湾を一望できる増設エリアに、フードホールを含む、約50店舗、店舗面積約12,600㎡がオープン。また、グランピングなどアウトドアアクティビティが楽しめる約20,000㎡の広大なグリーンパーク(芝生広場)や観光バスのロータリーを整備。アウトレットショッピングに加え、都会の喧騒から離れ、ゆったりと滞在できる魅力的な機能を強化し、新たなエンターテイメント性を兼ね備えたアウトレットに進化する。

開業から20周年の節目の年に行う増設により、多目的な機能と立地環境を活かしたシーサイドアウトレットに進化し、エリア全体の回遊性を高め、りんくうタウンの更なる発展にも貢献することを目指す。



出典:三菱地所・サイモン

大阪府泉佐野市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、泉佐野市には宿泊施設が43、部屋数にして3,239室が提供されている。

新規開業予定は4施設、部屋数にして1,373室が新たに供給される見込み。

同市内に現時点ではグランピング施設やキャンプ場は確認できなかった。

【合わせて読みたい】

ホテルWBFグランデ関西エアポート、開発着手

グランドゥース「Grandouce関西空港」2019年4月初旬開業

変なホテルが2019年大阪、京都の関西地域で相次ぎ開業

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事