ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 瑞穂ホテル&リゾーツマネジメント、新型コロナ関連倒産

瑞穂ホテル&リゾーツマネジメント、新型コロナ関連倒産

投稿日 : 2020.05.21

東京都

ホテル関連ニュース

瑞穂ホテル&リゾーツマネジメント(株)(東京都千代田区神田佐久間町3-27-3)は、5月15日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。4月22日、破産開始決定を受けた瑞穂リゾート(株)のグループ会社で、ホテルの運営を受託していた。

瑞穂リゾートやグループの(株)瑞穂商事(島根県邑南町)、バークリープロパティ(株)(島根県邑南町)は、記録的な暖冬による積雪不足でスキー場の来場者数が減少、さらに運営していたホテルについても新型コロナウイルスの影響で大幅な売上減に陥り、資金繰りが悪化。

3社は3月31日までに事業停止し4月22日、破産開始決定を受けた。(西日本最大級のスキー場やホテル運営の瑞穂リゾートが倒産)

同社もこれに連鎖して今回の措置となった。

瑞穂ハイランド」は、収容人数88名の宿泊施設、レストランなども運営し、広島県をはじめ西日本各地から来場者を集めるリゾート施設であった。

負債総額は債権者2名に対し約2億7,200万円。

TSRTDBが報じた。

出典:瑞穂ハイランド

【合わせて読みたい】

大分・日田「リバーサイドホテル山水」新型コロナ関連倒産

宿泊業者向け決済サービス「J-リザーブ」新型コロナ倒産

福岡・豊前「築上館」新型コロナ関連倒産

長野・佐久「ホテル一萬里」新型コロナ関連倒産

京都河原町「京都セントラルイン」新型コロナ関連倒産

新型コロナ関連の最新ホテル倒産まとめ(5月7日現在)

記録的不況、新型コロナ関連倒産まとめ(4月15日更新)

関連記事