ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JTB「LUGGAGE-FREE TRAVEL」中国オンラインゲーム連携

JTB「LUGGAGE-FREE TRAVEL」中国オンラインゲーム連携

投稿日 : 2018.12.14

東京都

インバウンド

JTBと、中国の大手オンラインゲーム会社のNetEase社が運営する人気オンラインゲーム「荒野行動」が訪日外国人旅行者の手ぶら旅行の推進のため、共同キャンペーンを実施する。

「荒野行動」×「LUGGAGE-FREE TRAVEL」

JTB が運営する「LUGGAGE-FREE TRAVEL」は、訪日外国人旅行者が手ぶらで、もっと自由に旅行を楽しんでもらうためのオンライン手荷物配送サービスで、2018年4月から9言語で本格的にサービスを開始した。

「荒野行動」は、アジア・パシフィックを中心に、世界でダウンロード数2.5億を超える人気アプリゲームで、約100人のプレイヤーが戦場に入り、最後の一人になるまで戦闘を繰り広げる多人戦術競技。

この度、初めて街なかで戦闘を行う新マップ版を実装するにあたり、東京が舞台に選ばれた。

ゲームの中で東京の様々な魅力ある観光地が世界中のユーザーに紹介される。世界中の「荒野行動」ユーザーが、訪日外国人旅行者としてゲームの舞台である東京各地を訪れ、楽しんでもらうために、2018年12月20日(木)から2019年2月28日(木)まで共同キャンペーンを実施。

同キャンペーンでは対象期間中に「LUGGAGE-FREE TRAVEL」の2回利用券を限定1万セット6,000 円(税込み)で販売し、購入した人には特製の「荒野行動」×「LUGGAGE-FREE TRAVEL」の記念特製アクリルボードを無料プレゼント。

販売場所は、「LUGGAGE-FREE TRAVEL」の取次店で多くの訪日外国人旅行者が訪れる成田国際空港・関 西国際空港等のツーリストインフォメーションセンターや総合免税店であるラオックスの各店舗等。

「LUGGAGE-FREE TRAVEL」は、同共同キャンペーンを通じて、世界中から日本に訪れる観光客にサー ビス訴求を行い、更なる利用促進を図っていく。

【共同キャンペーンの概要】

期間: 2018年12月20日(木)から2019年2月28日(木)

場所:東京・大阪・京都

内容:「LUGGAGE-FREE TRAVEL」の2回利用券を限定1万セット6,000 円(税込)で販売。「荒野行動」×「LUGGAGE-FREE TRAVEL」を記念した特製アクリルボードを無料プレゼント。

販売箇所:成田国際空港第1 ターミナル トラベルセンター、関空TIC関西国際空港第2ターミナル、東京シティアイ、東京タワーTIC、 関空TIC大丸心斎橋、関空TIC京都、ラオックス(新宿本店、新宿東口店、秋葉原本店、銀座EXITMELSA、京都祇園店、大阪日本橋店、大阪道頓堀店、心斎橋筋店、大丸心斎橋店)。

【合わせて読みたい】

観光物流プラットフォーム「Tour Base」へ共同出資

京都中央郵便局、荷物預かりシェア「ecbo cloak」導入開始

ズボラ旅と荷物預かりサービス「エクボクローク」が提携

本田圭佑氏が荷物一時預かりサービスに出資

JALABCと手荷物当日配送のAirporterが業務提携

ヤマト運輸が大分で手ぶら観光を推進ーインバウンド需要獲得、国の支援も

関連記事