ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JALABCと手荷物当日配送のAirporterが業務提携

JALABCと手荷物当日配送のAirporterが業務提携

投稿日 : 2018.07.30

インバウンド

ホテル関連ニュース

空港を拠点に宅配や荷物一時預かり、携帯・Wi-Fiのレンタルサービスを提供する株式会社JALエービーシーと手荷物当日配送サービスを提供する株式会社 Airporterがインバウンド客向けの宿泊施設から空港への配送で業務提携を発表した。

 

出典:Airporter

 
インバウンド客向けの宿泊施設から空港への配送
この度、両社が業務提携するのは「インバウンド客向けの宿泊施設から空港への配送分野」。インバウンド客の場合、出発の当日まで荷造りをしたいという要望があるため「遅く集荷に来て欲しい」というのがインバウンド客の声としてあった。
そこで、空港において配送の窓口になっているJALABCと「当日配送」を専門に扱うAirporterが業務提携することによって、インバウンド客のニーズを満たすことができるようになり、空港利用者全体の利便性の大幅な向上が期待される。
 
営業時間の拡大、引き換え容易、場所わかりやすい
① 受取時間が「Airporterの時間指定」から「JALABCの営業時間」へ大幅拡大
Airporterのサービスは「対面」で手荷物の引き渡しをしていたため、Airporterの指定する時間に顧客が荷物を受け取りに来る必要があった。インバウンド客のなかには、電車の複雑な乗換に対応できず、定刻に到着できない人も少なくなく、「時間指定」にストレスを感じる顧客も多かった。今般、両社の提携によってJALABCカウンターの利用が可能となり、顧客の手荷物受取可能時間が大幅に拡大されるため、利便性が飛躍的に向上する。
 
② 荷物の受取は、カウンターにてスマホの「予約メール」を見せるだけ
荷物を引き出すには、JALABCのカウンターにて、Airporterから届くスマホの「予約メール」を照会するだけ。荷物にはAirporterのタグが付けられており、「タグに記載された取引番号」と「予約メールに記載されたランダムの取引番号」を照会することで、引換が可能になる。
 

出典:Airporter

 
③ 受取場所がわかりやすい
JALABCのカウンターはカウンター全体がイメージカラーの赤で統一されており、不慣れなインバウンド客にも見つけやすい。
 

出典:Airporter

 

成田・羽田・関西国際空港のJALABCカウンターにて

サービス提供開始ターミナルは、成田空港第一と第二ターミナル、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港第一ターミナル。なお、成田空港第三ターミナルの荷物は、第二ターミナルで引渡しを行う。
 

出典:Airporter

 
また今後、Airporterは「当日受付」の「当日配送」を試験運用する予定。現在、Airporterでは「当日配送」を実現しているものの、配車の関係で申込みを「前日の18時」で締め切っている。JALABCとの提携により、新たな配送網を築けるため、インバウンド客が「部屋をチェックアウトするときに申し込む」ことが可能になるという。
 
【関連記事】

ヤマト運輸が大分で手ぶら観光を推進ーインバウンド需要獲得、国の支援も

訪日外国人向けAIコンシェルジュが成田空港などインバウンド施設で活躍

成田空港が2017年の空港運用状況を発表、7項目で過去最高値を記録
 
 

関連記事