ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日外客数2020年1月、前年同月比1.1%減266万1千人

訪日外客数2020年1月、前年同月比1.1%減266万1千人

投稿日 : 2020.02.20

指定なし

インバウンド

JNTO(日本政府観光局)は訪日外客数(2020年1月推計値)を発表した。

出典:JNTO

2020年1月の訪日外客数は、前年同月比1.1%減の266万1千人。2019年1月の268万9千人を約3万人下回り、4か月連続で前年同月を下回った。

訪日外客数が多い韓国市場の減速(前年同月比59.4%の316,800人)が、訪日外客数全体が前年同月を下回る要因となった。

昨年は2月であった春節が今年は1月になり訪日需要増の時期が前倒しになった影響等により、東アジア市場の一部、東南アジア市場などで前年同月比が2桁の伸び(このうち、香港、マレーシア、フィリピン、ベトナムは前年同月比40%超)を記録した。

市場別では、豪州で単月として過去最高を記録したほか、韓国、ドイツを除く17市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、カナダ、英国、フランス、イタリア、ロシア、スペイン)で1月として過去最高を記録した。

中国は、前年同月比22.6%増の924,800人で、1月として過去最高を記録。新規就航や夏ダイヤと比較して200便以上となる大幅な増便により航空座席供給量が増加したことに加え、昨年は2月であった春節が今年は1月になったことが、堅調な訪日需要を後押しし、訪日者数は好調な伸びを記録した。

一方で、新型コロナウイルス感染症が流行した為、1月27日からは中国政府の通達により、団体ツアー及び航空券とホテルのパッケージ商品の販売が禁止されており、訪日を含む出国者数全体が激減している。

JNTOは中国市場を中心にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の海外旅行需要への影響が懸念される中で、市場動向を綿密に分析しながら、訪日旅行プロモーションに取り組んでいくという。

【合わせて読みたい】

訪日客数、前年比8.7%増の3,119万2千人、JNTO発表

訪日外客数、10月一転増加へ、前年同月比1.8%増264万1千人

JNTO、災害が影響、2018年9月前年同月比5.3%減の216万人

2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

JNTO、2018年7月訪日客数、前年同月比5.6%増の283万2千人

関連記事