ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JNTO、災害が影響、2018年9月前年同月比5.3%減の216万人

JNTO、災害が影響、2018年9月前年同月比5.3%減の216万人

投稿日 : 2018.10.18

指定なし

インバウンド

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年9月の訪日外客数は、台風第21号や北海道胆振東部地震の影響により、2017年9月の228万人を約12万人下回る前年同月比 5.3%減の216 万人であった。2013年1月以来、5年8か月ぶりに訪日外客数が前年同月を下回った。

東アジア市場から関西、北海道への需要が停滞

9月は台風第21号の影響による関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震の影響による新千歳空港の閉鎖等により、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生した。訪日外客数の約7割を占める東アジア市場においては、関西、北海道への訪問者も多く、これにより東アジア市場から両地域への訪日需要が停滞したことが、訪日外客数全体が前年同月を下回る一因となった。

韓国は、前年同月比13.9%減の479,700人と大幅に減少した。

また、中国も、前年同月比3.8%減の652,700人となった。

さらに、台湾は、前年同月比5.4%減の329,100人と、いずれも関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震による航空便の欠航のほか、団体旅行のキャンセルや延期が発生したことなどが影響をした。

一方で、タイは、前年同月比9.8%増の54,400人で、9月として過去最高を記録するなど東南アジア市場や英国を除く欧米豪市場については、両空港への航空便に欠航等はあったものの、訪日者数は増加傾向を維持した。

市場別では、15市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピ ン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシ ア、スペイン)で9月として過去最高を記録した。

【合わせて読みたい】

2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

JNTO、2018年7月訪日客数、前年同月比5.6%増の283万2千人

2017年訪日客伸び率トップ―訪日ロシア人激増の背景、特徴、展望とは

2018年福岡市ホテル開業ラッシュと訪日韓国人

伸び率40%増、韓国人観光客が急増している3つのワケ

関連記事