ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日外客数、10月一転増加へ、前年同月比1.8%増264万1千人

訪日外客数、10月一転増加へ、前年同月比1.8%増264万1千人

投稿日 : 2018.11.21

指定なし

インバウンド

本日11月21日発表のJNTOの訪日外客数の10月推計値の発表によると、2018年10月の訪日外客数は、前年同月比1.8%増の264万1千人。2017年10月の259万5千人を約4万人上回り、10月として過去最高を記録した。災害の影響を受け減少した9月から一転、10月には力強くV字回復し増加に転じた。

韓国・台湾減少も、中国・欧米豪・東南アジアが増進

JNTO発表の訪日外客数、2018年10月推計値によると、2018年10月の訪日外客数は、前年同月比1.8%増の264万1千人。2017年10月の259万5千人を約4万人上回り、10月として過去最高を記録した。

韓国(57万人、前年同月比8.0%減少)、台湾(38万人、同9.9%減少)、香港(17万人、同0.9%減少)においては、昨年は10月上旬にあった休暇が、今年は9月下旬となったことなどもあり、前年同月を下回った。一方で、同じ東アジア市場でも中国は71.5万人と前年同月比7.8%増で上回った。

欧米豪市場については、好調なクルーズ船需要や訪日旅行プロモーションの効果により、主要市場で10-20%増の好調な伸びを示したことで、訪日外客数全体としては増加に転じた。

市場別では、16市場(中国、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、 スペイン)で10月として過去最高を記録した。

なお、1月からの累計では、ベトナム (33万人)、イタリア(12万9千人)、ロシア(7万9千人)、スペイン(10万4千人)の4市場が10月までに昨年の年計を超え、過去最高を更新した。

訪日外客数は、9月には災害の影響も大きく、前年同月比5.3%減の216万人となっていたが、関西ならびに北海道の観光復興に向けた取り組みが功を奏した模様で、再び増加に転じた。

【合わせて読みたい】

JNTO、災害が影響、2018年9月前年同月比5.3%減の216万人

2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

JNTO、2018年7月訪日客数、前年同月比5.6%増の283万2千人

関連記事