ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

2018年8月訪日客数前年同月比4.1%増、最速で2,000万人突破

投稿日 : 2018.09.21

インバウンド

JNTOの発表によると、2018年8月の訪日客数は、前年同月比4.1%増の257万8千人。2017年8月の247万7千人を上回り、8月として過去最高を記録。8月までの累計は2,130万9千人となり、過去最速で2,000万人を超えた。他方で、西日本で相次いだ災害により東アジア市場の一部で成長鈍化も見られた。

災害により東アジア市場の一部で訪日需要が低迷

JNTOの推計値では2018年8月の訪日客数は、前年同月比4.1%増の257万8千人。2017年8月の247万7千人を10万人以上上回り、8月として過去最高を記録した。8月までの累計は2,130万9千人となり、これまでで最も速いペースで2,000 万人を超えた。

新規就航等による航空路線の拡充に加え、継続的に展開している訪日旅行プロモーシ ョンの効果もあり、訪日客数全体としては昨年同月を上回った。

一方で、6月半ばに発生した大阪府北部の地震や西日本での平成30年7月豪雨の影響により、これまで訪日客数の伸びを牽引してきた東アジア市場の一部で、訪日需要が抑えられたことが、訪日客数全体の伸びの鈍化に影響を及ぼした。

特に韓国は、前年同月比4.3%減の593,900人となり、大阪府北部の地震の影響による当該地域への旅行のキャンセルや新規予約の減少に加えて、8月の記録的な猛暑を避けて訪日時期を延期する動きが見られたことで、訪日者数は前年同月を下回った。他方でタイは、前年同月比31.3%増の47,500人で、新規就航や増便により、8月として過去最高を記録した。

市場別では、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録したほか、16市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア)で8月として過去最高を記録した。

9月初めに相次いだ台風21号、北海道胆振東部地震などの災害の影響が今後どの程度訪日客の伸びの鈍化に影響するかが注視されており、JNTOとしては今後も正確な情報の発信に努めるという。

合わせて読みたい
  • JNTO、2018年7月訪日客数、前年同...

  • 2017年訪日客伸び率トップ―訪日ロシア...

  • 2018年福岡市ホテル開業ラッシュと訪日...

  • 伸び率40%増、韓国人観光客が急増してい...

関連記事