ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 出光興産、超小型EVを活用したMaaS事業の実証開始

出光興産、超小型EVを活用したMaaS事業の実証開始

投稿日 : 2019.08.01

岐阜県

バケーションレンタル

出光興産株式会社は、岐阜県飛騨市および高山市で独自のシステムによるカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を、本年8月から開始。実施目的は、超小型EVを活用したカーシェアリングの事業化に向けた情報収集とビジネスモデルの検証。

地域と共生する次世代モビリティサービスを提供

同実証実験は、同社の販売店ネットワークを活用した地域サービス提供の視点から、同社が調達する計7台の超小型EVを牛丸石油株式会社に貸与し、一般と法人を対象にカーシェアリングサービスを提供するもの。

一般向けサービスは、地元企業や道の駅の駐車場5ヵ所をステーションとし、地元住民や観光客などに、買い物や観光スポット間の近距離移動の足としてカーシェアリングサービスを提供。法人向けサービスは、牛丸石油から地元企業に車両を貸与し、平日は営業車としての使用、休・祝日は、一般向けにカーシェアリング車として貸し出す。

出典:出光興産

公式サイトから無料で会員登録をすることで、誰でも手軽に次世代のモビリティを体験できる。なお、今回の実証実験システムは、KDDIが提供するカーシェアリング予約システムと、タジマモーターコーポレーションが開発する超小型EV「ジャイアン」を使用する。

同社は今回の実証実験を通し、販売店ネットワークを活用した新たなビジネスモデルの検証と、独自のカーシェアリングシステムによる幅広い利用者を対象とするMaaSプラットフォームの構築を目指す。

地域密着型の経営を強みとする同社の販売店ネットワークを活用したビジネスモデルを検証するため、地元企業や観光施設とタイアップした2つのビジネスモデルの有用性を実証する。

出典:出光興産

モデルAでは、牛丸石油より地元企業に貸与された車両を、平日は営業車として、休日は地元住民や観光客向けの車両として活用することで、カーシェアリングビジネスの課題である車両の稼働率の低さの改善を図る。

出典:出光興産

モデルBでは旅館・ホテル・道の駅などの駐車場をステーション化し、観光客を主なターゲットとして、飛騨・高山観光のエコで手軽な移動手段として活用する。

【合わせて読みたい】

WILLERが「ひがし北海道」と「京都丹後鉄道沿線地域」で観光MaaSアプリ

自動運転タクシー、MaaS活用都市交通インフラ実証計画始動

近鉄グループが観光地型MaaS推進に「志摩MaaS」実証実験

国交省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル19事業選定

小田急、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」連携拡大

関連記事