ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 自動運転タクシー、MaaS活用都市交通インフラ実証計画始動

自動運転タクシー、MaaS活用都市交通インフラ実証計画始動

投稿日 : 2019.07.23

東京都

ホテル関連ニュース

東京空港交通、T-CAT、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMPの7社は、東京都事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』 に基づき、MaaSを活用して空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を行う。

世界初、空港リムジンバスと自動運転タクシーが連携

日の丸交通とZMPと三菱地所は昨夏、丸の内エリアにおいてZMPが開発した自動運転車両を用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させ、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスの有用性を検証した。

本年は、この取り組みをさらに発展させ、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナル(T-CAT)を結ぶ空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させることで、空港から都心部である丸の内エリアへのスムーズな移動を目指す。

自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナル(T-CAT)(東京都中央区)と丸の内パークビルディング(東京都千代田区)を結ぶ約3kmを予定しており、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供。

出典:JTB

さらに、空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSという概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行う。

同計画では、モビリティの連携により、交通混雑解消や環境負荷の低減を目指すだけでなく、年々増加するインバウンド観光客の移動の効率化も期待できるほか、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足への対応を企図している。自動運転および複数インフラ連携を用いた同計画により、街における先進的な都市交通インフラの導入可能性を検証し、国際都市・東京の更なる機能向上を目指す。

【同実証実験 概要(予定)】
実施時期/期間: 2019年11月/2週間
自動運転タクシー走行ルート:丸の内パークビルディング(東京都千代田区)-東京シティエアターミナル(東京都中央区)間(約3km)
自動運転タクシー車両:ミニバンタイプ(ZMP RoboCar® MiniVan) 2台
主催:東京空港交通株式会社、東京シティ・エアターミナル株式会社、日本交通株式会社、日の丸交通株式会社、三菱地所株式会社、株式会社JTB、株式会社ZMP
利用方法:2019年9月頃、ウェブサイトにより利用者を募集予定

【合わせて読みたい】

近鉄グループが観光地型MaaS推進に「志摩MaaS」実証実験

国交省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル19事業選定

小田急、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」連携拡大

三井住友海上と小田急「MaaS×保険」に関し協業

地方公共団体による空の移動革命に向けた構想発表会

関連記事