ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > WILLERが「ひがし北海道」と「京都丹後鉄道沿線地域」で観光MaaSアプリ

WILLERが「ひがし北海道」と「京都丹後鉄道沿線地域」で観光MaaSアプリ

投稿日 : 2019.07.23

北海道

京都府

ホテル関連ニュース

WILLERは、MaaSに取り組んでおり、日本の地方が抱える観光における2次交通不足やインバウンドへの対応といった課題の解決をする、観光MaaSアプリケーション「WILLERSアプリ」によるサービスの提供を2019年8月から開始する。

すべてのモビリティをシームレスに、リーズナブルにつなぐ

出典:WILLER

地方を旅行するには、交通が不便であり、既存交通とその空白を埋める新しいモビリティをアプリで提供することが課題解決につながると考えられる。そこでまずは、同社はひがし北海道と京都丹後鉄道沿線地域を対象エリアとして8月から観光MaaSを開始する。

WILLERSアプリは、出発地と目的地の2地点を検索できるだけではなく、途中5か所までの経由地を指定して検索ができる。その経由地は駅や空港、バス停、観光地のほか、レストランバスやカヌーといったアクティビティも選択し、滞在時間を設定することができる。

この検索結果にはルート周辺のアクティビティがリコメンドされ、予約が必要な交通と一緒に予約することができる。行きたい観光地や体験したいアクティビティと、そこに行くための交通を1つのアプリで検索・予約・決済することで、より自由な個人旅行を簡単に楽しむことが可能。

10月からは多言語化することで、地方におけるインバウンドの観光をさらに簡単・便利にするという。

【WILLERSアプリ概要】
対象OS:iOS、Android
(特徴)
・目的地までのルート検索
・オススメ周辺スポット情報
・旅程の作成
・交通と体験の一括予約・決済
・目的地までの観光ガイド
・デジタルチケット
(今後の追加機能)
・多言語(英語・中国語)対応の追加

【合わせて読みたい】

自動運転タクシー、MaaS活用都市交通インフラ実証計画始動

近鉄グループが観光地型MaaS推進に「志摩MaaS」実証実験

国交省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル19事業選定

小田急、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」連携拡大

関連記事