ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルグレイスリー大阪なんば」2019年7月1日開業

「ホテルグレイスリー大阪なんば」2019年7月1日開業

投稿日 : 2019.07.01

大阪府

新規ホテル情報

藤田観光株式会社WHG事業グループは、本日2019年7月1日(月)に「ホテルグレイスリー大阪なんば」(大阪府大阪市浪速区元町1丁目4-4、170室)をグランドオープンする。

水の都 大阪、「柔らかな光」、「ゆらぎ」、「落ち着き」

出典:藤田観光

同ホテルは、訪日外国人を中心に観光・レジャー客が昼夜問わずに訪れる大阪市内屈指の観光スポット「なんばエリア」に位置。

徒歩圏内に、飲食、商業施設が集積する道頓堀・心斎橋エリアがあり、大阪の活気を感じることができる。

また、地下鉄3線の「なんば駅」(御堂筋線・四つ橋線・千日前線)、JR「難波駅」、南海電鉄「なんば駅」から徒歩圏内、さらにOCAT(大阪シティエアターミナル)からは関西国際空港や伊丹空港への直通バスが発着し、各方面へのアクセスも抜群。

国内外から大阪観光で訪れる顧客の旅の拠点としてはもちろん、ビジネスでの滞在としても便利なロケーションであり、多様化する宿泊ニーズに応えていくという。

水の都 大阪をテーマに、「柔らかな光」、「ゆらぎ」、「落ち着き」を感じられるデザインとし、水周りはWHGホテルズにて好評を得ている「独立型バスルーム」を導入。英国王室も認めるスランバーランド社と共同開発したオリジナルベッドを全室に設置。また、全客室を禁煙とし、分煙化を推進する(2階に喫煙ブースを設置)。

急増する訪日外国人旅行客への対応などを背景に、顧客自身で手荷物を預けられるセルフクロークを新たに導入。専用のカードキーで施錠、開錠が可能。預かり時間は、チェックアウト後からチェックアウト日の18時までとし、クローク利用の顧客の利便性を高める。

出典:藤田観光

【同ホテル 概要】

所在地:大阪府大阪市浪速区元町1丁目4-4
アクセス:大阪地下鉄四つ橋線「なんば」駅 徒歩1分、御堂筋線「なんば」駅 徒歩3分、JR「難波」駅 徒歩3分、南海電鉄「なんば」駅 徒歩6分
施設構成:1階 エントランス / 駐車場(提携)、2階 フロント・ロビー / レストラン / セルフクローク / コンシェルジュカウンター、喫煙ブース / コインランドリー、3階~12階 客室
総客室数:170室 (全室禁煙)

出典:藤田観光

大阪府大阪市浪速区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市浪速区には宿泊施設が170、部屋数にして7,962室が提供されている。

新規開業予定は24施設、部屋数にして3,611室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「星野リゾート OMO7大阪新今宮」2022年4月開業

駅直結の2つの「ナインアワーズ」が大阪・福岡に開業

「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」2019年7月25日開業

藤田観光、宿泊特化型新ブランド「HOTEL TAVINOS」誕生

関連記事