ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」2019年7月25日開業

「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」2019年7月25日開業

投稿日 : 2019.05.21

大阪府

新規ホテル情報

相鉄グループの相鉄ホテルマネジメントでは、2019年7月25日(木)に、相鉄グループの宿泊特化型直営ホテルとしては大阪市内で4店舗目となる「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」(大阪府大阪市浪速区)を開業する。

相鉄フレッサインブランドで、大阪市内3店舗目

出典:相鉄ホテルマネジメント

同ホテルは、Osaka Metro御堂筋線・千日前線「なんば駅」7番出口、近鉄難波線・阪神なんば線「大阪難波駅」7番出口からそれぞれ徒歩1分、南海本線「なんば駅」北出口から徒歩2分、大阪メトロ四ツ橋線「なんば駅」31番出口から徒歩2分、JR線「難波駅」南出口から徒歩5分の立地で、関西国際空港や大阪国際空港へのアクセスも非常に優れている。

大阪の代表的な観光名所、通天閣がある新世界や道頓堀などへのアクセスが良好な他、周辺には昨年オープンした大規模複合施設やビジネス街があることから、レジャーやショッピングはもとより、ビジネスでも便利に利用できる。

客室数は276室で全室禁煙。
セルフチェックイン・チェックアウト端末「スマーレ」(オムロン ソーシアルソリューションズ㈱)を導入、スマートフォンアプリを使用した客室の開錠システムを導入。

客室で朝食会場やコインランドリーの混雑状況、周辺観光情報などを確認できるタブレット端末「MOT/Hotel Phone」(㈱オフィス24)を全客室に設置する。
また、㈱相鉄ピュアウォーターが製造・販売を行っている全館浄水システム「良水工房」を導入。客室の洗面台や浴室、トイレなどすべてを「浄水」にする。

出典:相鉄ホテルマネジメント

【同ホテル 概要】

名称:相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前
所在地:大阪府大阪市浪速区難波中1-6-5
アクセス:大阪メトロ 御堂筋線 ・ 千日前線「なんば駅」7番出口から徒歩1分、近鉄難波線・阪神なんば線「大阪難波駅」7番出口から徒歩1分、大阪メトロ四ツ橋線「なんば駅」31番出口から徒歩2分、南海本線「なんば駅」北出口から徒歩2分、JR線「難波駅」南出口から東へ徒歩5分
建物構造:鉄骨造 地上13階
客室数:276室
延床面積:6,331.27㎡

大阪市浪速区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市浪速区には宿泊施設が162、部屋数にして7,872室が提供されている。新規開業予定は20施設、部屋数にして3,166室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

開業すると276室で同ホテルは4位にランクインする。

相鉄ホテルマネジメントでは、2019年秋に「(仮称)相鉄フレッサイン 鎌倉大船Ⅱ」、2019年冬に「同 ソウル明洞」の開業を予定している。

【合わせて読みたい】

相鉄フレッサイン、田町に2店舗目、2020年夏開業

相鉄フレッサイン、大船に2軒目、2019年秋

相鉄・東急、神奈川東部方面路線名を決定

相鉄、通訳機「ポケトーク」を全駅に導入

関連記事