ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 藤田観光、宿泊特化型新ブランド「HOTEL TAVINOS」誕生

藤田観光、宿泊特化型新ブランド「HOTEL TAVINOS」誕生

投稿日 : 2018.11.21

東京都

新規ホテル情報

藤田観光株式会社は、2019年8月に浜松町にて第1号店の開業を予定している、宿泊特化型ホテルのブランド名称を「HOTEL TAVINOS(タビノス)」に決定した。また、2020年5月に2号店として浅草に開業する。両ホテル周辺のホテル展開状況と合わせてお伝えする。

「Active & Relax」内装はマンガがコンセプト

今回新たに立ち上げるHOTEL TAVINOSのコンセプトは、「Active & Relax」。

アクティブに旅を楽しむ「ミレニアル世代」の訪日外国人を主要ターゲットとし、充実した旅のサポートや手軽な価格とサービスでリラックスできるホテル。

第1号店を出店する浜松町は近年都市再開発が進み、2020年までに商業施設を兼ねた複合ビルが複数オープンし、浜松町と竹芝を結ぶペデストリアンデッキ(歩行者デッキ)も完成を予定。羽田空港からのアクセスも良いため、訪日外国人観光客にもアクセスの良い好立地となる。
ホテルの内装は日本の文化である「MANGA(マンガ)」をコンセプトにデザイン。

客室ではデスク等の家具を必要最低限に留め、浴室はシャワーブースのみとし、デッドスペースを荷物収納に活用するなど、12㎡とコンパクトでありながらも居住面積を確保し、リラックスできる空間を提供。また、ロビーでは大型のサイネージを使用したAIコンシェルジュでホテルスタッフおすすめのスポットやホテル近隣のローカル情報を始めとする観光情報を提供し、朝はラウンジで無料の軽食やコーヒーも提供する。

img2

出典:藤田観光

ブランドロゴは、TAVINOSの文字を太い直線で構成し、あえて少しずつグリッドから文字をずらすことで、型にはまらないアンバランスさと絶妙なバランスを保つデザインで新しさ、自由さとともにブランドコンセプトである<Active>を表現。

また、ポップアートを感じさせるような躍動感を表現し、HOTEL TAVINOSのメインターゲットである、ミレニアル世代に強く印象を残すデザイン。

料金は、2名1室10,000円前後を想定しているという。

浜松町、浅草に出店、2021年までに5店舗へ

・第1号店 HOTEL TAVINOS 浜松町

所在地:東京都港区海岸1丁目13 (住居表示)
構造:地上13階建て
(1階:エントランス、2階:フロント、ロビーラウンジ、2~13階:客室)
客室数・詳細:客室数188室(12㎡:187室、ユニバーサルルーム17㎡:1室)
スケジュール:2019年8月開業予定

img5
出典:藤田観光

メトロエンジンリサーチによると、同ホテル周辺の既存店と新規開業予定のマップは以下の通り。(紫色ハウスマークが新規出店予定、青緑色の円は既存店舗、大小は部屋数規模を示す。)

出典:メトロエンジンリサーチ

・第2号店 HOTEL TAVINOS 浅草

所在地:東京都台東区浅草2丁目8-1(地番)
構造:地上13階建て
(1階エントランス 2階フロント、ロビーラウンジ、2階~13階客室)
客室数・詳細:客室数278室(12㎡:277室、ユニバーサルルーム19㎡:1室)予定
スケジュール:2020年5月開業予定

img6

出典:藤田観光

メトロエンジンリサーチによると、同ホテル周辺の既存店と新規開業予定のマップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

藤田観光は、ブランド認知度の向上を図るため、2021年までに都内及び、外国人宿泊者数が多い都市へ5店舗出店を目標とし、アクティブに旅を楽しむミレニアル世代の顧客のハブ(拠点)となるホテルを目指す。

出典:藤田観光

【合わせて読みたい】

藤田観光、永平寺前開業の宿泊施設物品を一般公募

藤田観光がGWに藤乃煌(FUJINOKIRAMEKI)を開業ー御殿場初のグランピング施設

藤田観光が長崎五島に北欧ビレッジを本年8月オープンー五島列島の観光トレンド

藤田観光が今秋ホテルグレイスリー浅草を開業、今夏ソウル出店もー同社の業績からその背景と展望を探る

関連記事