ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

投稿日 : 2019.02.06

大阪府

新規ホテル情報

信和不動産とプレサンスコーポレーションは、マリオット・インターナショナルの日本初となるブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」(FAIRFIELD by Marriott)の開発事業を推進。新築工事は、信和建設株式会社が着手しており、2020年夏の竣工を予定。

出典:信和不動産

外国人観光客の増加で注目を集める難波地区に

同ホテル計画は、パシフィカ・キャピタルの100%子会社であるなんばホスピタリティが、運営事業者として竣工後の建物を借り受けて、ホテルの運営を担当。

信和不動産は、自社および信和グループ内にて、「ホテルプラザ神戸」の運営、「ライズホテル大阪北新地」の事業開発および運営を行っており、同ホテル計画では、開発事業者として、開発用地の仕入から始まり、「フェアフィールド・バイ・マリオット」ブランドの仕様に特化した竣工までの事業を担当。

鉄骨造 地上14階で、客室は300室を誇り、フェアフィールド・バイ・マリオットのブランドの特色であるシンプルモダンで洗練された客室デザインとなる。100席のレストラン、ジム、駐車場も併設されており、レストランの一部は、個室として仕切り、パーティや会議など貸切で利用することも可能。

近年外国人観光客の増加などにより日本の代表的な街として注目を集める難波地区にある。

徒歩圏内には、南大阪への玄関口となる難波エリア、電気屋街の日本橋エリア、伝統文化と大阪グルメを代表するスポットが集まる道頓堀・法善寺エリア、若者の情報発信地でもある心斎橋・アメリカ村エリア、おしゃれをリードする堀江・湊町エリアなど、大阪のエネルギーあふれる商圏が集結しており、ビジネス・観光のみならず、大阪を存分に満喫できる場所に立地している。

【同プロジェクト 概要】

所在地: 大阪市浪速区難波元町二丁目

アクセス: JR難波駅、南海電鉄・大阪メトロ難波駅から徒歩約5分

敷地面積: 1,669.48m2(登記簿面積)

延床面積: 10,978.96m2

構造: 鉄骨造 地上14階

客室数: 300室

附帯施設: レストラン(一部会議室用途として利用可)・ジム・駐車場

開業予定: 2020年夏

大阪市浪速区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市浪速区には宿泊施設が129、部屋数にして6,671室が提供されている。新規開業予定は12施設、部屋数にして2,203室が新たに提供される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは300室で開業すると3位タイにランクインする見込み。

【合わせて読みたい】

大阪府ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

大阪府ホテル展開状況(2019年1月現在)

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市中央区で生き残る鍵とは

日本一のホテル稼働率87%を記録する大阪府、中央区がホテル密集度で日本一

関連記事