ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 欧州ホテル新規開発続く、ブランド・国・都市別ランキング

欧州ホテル新規開発続く、ブランド・国・都市別ランキング

投稿日 : 2018.11.15

海外

ホテル統計データ

欧州の新規ホテル開発計画は3年連続で拡大、1,449施設、22万8,588室、昨年比較で施設ベースで18%の増加、客室数ベースで21%の増加となった。欧州新規ホテル開発のブランド別、国別、都市別ランキングをそれぞれお送りする。

欧州新規ホテル開発状況

欧州の新規ホテル開発計画は、1,449施設、22万8,588室で、昨年比較で施設ベースで18%の増加、客室数ベースで21%の増加となり、過去10年で最大となった。

新規ホテル開発計画のうち、すでに建設中のプロジェクトは、749施設、12万689室で、12ヶ月以内に建設を開始するプロジェクトは395施設、6万1,707室、計画の初期段階にあるプロジェクトは305施設、4万6,192室。

2019年中に390施設、5万8,364室、2020年には390施設、5万8,599部屋が開業する見込みとなっている。

欧州ブランド別開発ランキング

欧州の新規ホテル開発のホテルブランド別ランキングは、以下の通りとなった。

1位 アコーホテルズ(225施設、2万9,613室)

2位 マリオット・インターナショナル(186施設、3万1,192室)

3位 ヒルトン・ワールドワイド(170施設、2万6,988室)

4位 IHG(139施設、2万3,540室)

上位4社により、欧州全体のホテル開発の5割以上を占めた。

アコーホテルズは、Ibisブランドで118施設、1万4,635室の開業を予定し、メルキュールホテルで25施設、2,346室、Adagio City Aparthotelで22施設、2,976室。

マリオットは、モクシーで58施設、1万227室、Coutyard by Marriottで33施設、5,943室、Autograph Collectionで15施設、2,031室。

ヒルトンは、ハンプトン・インで67施設、1万447室、ヒルトンガーデン・インで46施設、7,316室、DoubleTree by Hiltonで22施設、3,132室。

IHGは、ホリデイ・インエクスプレスで65施設、9,813室、ホリデイ・インで36施設、7,981室、ホテルインディゴで14施設、1,733室となった。

欧州、国別・都市別ランキング

欧州の新規ホテル開発の国別ランキングは以下の通り。※施設数順

1位 ドイツ(265施設、4万9,640室)

2位 イギリス(256施設、3万9,008室)

3位 フランス(144施設、1万7,003室)

4位 ポルトガル(87施設、9,012室)

5位 ポーランド(86施設、1万3,134室)

都市別ランキングは以下の通り。

1位 ロンドン(英)(82施設、1万4,663室)

2位 パリ(仏)(45施設、6,947室)

3位 デュッセルドルフ(独)(40施設、8,353室)

4位 フランクフルト(独)(30施設、6,288室)

5位 リスボン(ポルトガル)(30施設、2,800室)

6位 モスクワ(露)(29施設、6,512室)

同6位 イスタンブール(トルコ)(29施設、5,386室)

Lodging Econometricsの調査結果に基づく。

【合わせて読みたい】

欧州ホテル開発1,366件で前年比29%増ーブランド・国・都市別ランキング

世界ホテル開発計画、ホテル・ブランド別トップ5ー国別トップ米国の全米都市別トップ5とは

中東・アフリカ地域のホテル開発ー各地域のトップ3とは
アジア太平洋地域のホテル開発ートップ3はインドネシア、日本、インド

【ホテル開発ランキング】神奈川エリア新規ホテル開発ランキング

【ホテル開発ランキング】京都エリア新規ホテル開発ランキング

【ホテル開発ランキング】大阪エリア新規ホテル開発トップ10

【ホテル開発ランキング】東京都23区新規ホテル開発数トップ10
【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

関連記事