ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 欧州ホテル開発1,366件で前年比29%増ーブランド・国・都市別ランキング

欧州ホテル開発1,366件で前年比29%増ーブランド・国・都市別ランキング

投稿日 : 2018.06.21

海外

ホテル統計データ

ホテル関連ニュース

活発な欧州ホテル市場における、ホテル・ブランド・国・都市別ランキングとはー

欧州ホテル開発計画は1,366件、214,792部屋で前年比29%増
宿泊産業関連のコンサルタント企業、Lodging Econometricsの調査データによると、
欧州におけるホテル開発計画は、1,366件、214,792部屋となり、前年比で29%の増加となった。欧州のホテル開発は「リーマンショック」後の2010年には687件、116,272部屋に低迷していたがそれから倍増した形になり、欧州ホテル市場の活発さを示した。
その内、現在欧州で建設中のホテルは715件、115,869部屋で前年比で36%の増加となった。さらに、1年以内に着工予定の件数は391件、61,928部屋となり、前年比35%の増加。
計画の初期段階のホテルは、260件、36,995部屋で前年比7%増となった。

トップはアコーホテルズ、マリオット、ヒルトン、IHGの順
欧州ホテル開発計画におけるホテル別のトップは欧州最大のホテルチェーンであるアコーホテルズで209件、26,936部屋。
二位は、マリオット・インターナショナルで187件、31,855部屋。マリオットは客室数では、アコーホテルズを上回りトップとなった。
三位は、ヒルトン・ワールドワイドで170件、26,870部屋。
四位は、インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)で133件、22,590部屋となった。
上位の世界的ホテルチェーン4社で699件、108,251部屋と欧州全体のホテル開発計画数の過半数を占めた。

ブランド別トップは、ヒルトンのハンプトン・イン
ブランド別トップはヒルトンのハンプトン・インで73件、11,080部屋。
二位に、IHGのホリデイ・イン・エクスプレスの61件、9,395部屋。
三位は、マリオットのモクシーで56件、10,302部屋。客室数では二位となった。
四位に、アコーホテルズのイビス・スタイルズ50件、6,498部屋が続いた。
いずれもエコノミークラスのホテルブランドが上位に並んだ。

国別はイギリス、スペイン、ドイツ
欧州ホテル取引報告書(European Hotel Transactions report (HVS社、2018年3月))によると、欧州ホテル取引市場は好景気にわくイギリスがその首位にたっており、二位に、スペイン、三位にドイツが続いた。
都市別では、ロンドンが首位で、二位にアムステルダム、三位がパリとなった。

【関連記事】

活発な欧州ホテル市場、2018年投資家の注目は!?

マリオット、モクシーブランドでのイギリスホテル展開加速

中東・アフリカ地域のホテル開発ー各地域のトップ3とは

アジア太平洋地域のホテル開発ートップ3はインドネシア、日本、インド

関連記事