ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > DiDi x handy おトクにタクるスマ旅キャンペーン

DiDi x handy おトクにタクるスマ旅キャンペーン

投稿日 : 2019.07.04

京都府

大阪府

ホテル関連ニュース

客室備え付けスマホ「handy」を提供するhi Japanは、タクシー配車プラットフォームサービスを提供するDiDiモビリティジャパンと連携し、8月1日~10月31日の期間、大阪・京都の観光地周遊支援及び旅ナカの新移動体験の提供として「DiDi × handy おトクにタクるスマ旅キャンペーン」を実施する。

最大千円オフ!旅ナカ移動体験連動キャンペーン

同キャンペーンでは、DiDiモビリティジャパンがサービスを展開する関西エリア(大阪・京都)を対象に、hi Japanが提供するhandyの設置ホテルと協力し、handy上にQRコードを表示。自身の携帯端末でそのQRコードをスキャンの上、「DiDi」アプリをダウンロードした旅行者全員に、「DiDi」で利用可能なクーポンをプレゼントする。

近年過度な訪日外国人観光客の増加によるオーバーツーリズムが課題となるなか、同キャンペーンでは、国内旅行者(日本人および長期滞在中の外国人)に向けて、新しい移動の選択、旅ナカをより便利に楽しく体験してもらう機会創出を提案。また、宿泊施設と交通事業者と協力することで、旅行者の円滑な移動、滞在中の受入観光整備を図る。

hi Japan株式会社 代表取締役社長 ピーター・リー氏は以下のコメントを寄せた。

「オーバーツーリズムによる国内旅行者減少は、宿泊施設様にとっても深刻な問題となっています。施設と旅行者そして観光地をつなぐプラットフォームとして、『handy』を通じた新しい移動体験を提供すべく本タイアップに至りました。急速にサービス拡大中の『DiDi』と連携することで、日本人旅行者へかしこくお得な『スマ旅(スマートな旅)』を提案するとともに、関西エリアのさらなる観光活性化に努めてまいります。」 

【「DiDi x handy おトクにタクるスマ旅キャンペーン」実施概要】

期間:2019年8月1日(木)~10月31日(木)

対象エリア:大阪・京都

協力ホテル(キャンペーン用チラシおよびホテル内のポスター掲載等告知の支援):庵町家ステイ、京都東急ホテル、京町家 楽遊 仏光寺東町、Hotel Cordia Osaka、旅館さわや本店、綿善旅館 他

主催: hi Japan 株式会社、DiDiモビリティジャパン株式会社

キャンペーン内容詳細:

旅行者がhandy上に掲載されるQRコードを、自身の携帯端末で読み取ることで、「DiDi」アプリ新規ユーザーの場合には取得日を含む31日間を有効期限とする1000円OFFクーポン、「DiDi」アプリ既存ユーザーの場合には取得日を含む7日間を有効期限とする15%OFFクーポン(割引上限1,000円)が得られる。

DiDiモビリティジャパンは、日本においてタクシー事業者や関係省庁などと連携し、革新的なタクシー配車プラットフォームサービスを提供することを目的として、Didi Chuxing(滴滴出行:ディディチューシン)とソフトバンクからの出資により2018年6月に設立された。

hi Japanは世界82カ国で展開するhi Incの日本法人。宿泊施設向けに客室の販売支援や客室スマート化、また旅行者に対する広告やチケット販売をする旅の総合プラットフォームとして展開。国内では2017年の事業開始以来、宿泊施設客室備え付けスマートフォン「handy」が、現在国内ホテルの約3割にあたる1700施設、24万室に提供されている。

【合わせて読みたい】

hi Japanが目指す「旅の総合プラットフォーム」とは

hi Japanがhandyを通じ福岡ソフトバンクホークスとスポーツツーリズム推進

handy Japanが「hi Japan株式会社」へ社名変更

「NINJA WiFi®」が「handy」をラインナップに追加

ロイヤルパークホテル「handyを持って人形町へ出かけよう」

「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

関連記事