ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

投稿日 : 2018.08.29

東京都

ホテル関連ニュース

スマートフォンレンタルサービスのhandy Japanは、位置情報を活用したビッグデータ事業を行うソフトバンクグループのAgoopとデータプラットフォーム・ビジネス構築に向け、旅行者の行動解析を図ることを発表。第一弾とし「神田明神納涼祭り」で実証実験を実施した。

出典:handy Japan

ソフトバンクグループとの提携、具体化
handy Japanは7月2日、ソフトバンク株式会社と資本・業務提携契約を締結。このたび、ソフトバンクグループで位置情報取得技術や解析技術を得意とするAgoopと、ホテル客室より持ち出し可能なhandy端末を利用し、観光分野でのデータプラットフォーム・ビジネスの構築を目指す。
旅行者の周遊や動向を統計的な観点で可視化することで、宿泊施設やパートナー企業に対する観光支援を加速する。
Agoopの独自のノウハウである位置情報取得技術をhandy端末に搭載。handy利用者の位置情報取得及び利用に関する同意を得たうえで、貸与されたhandyよりデータを取得する。

神田明神納涼祭りの行動解析
第一弾として、8月10日~12日に東京で開催された神田明神納涼祭りにて、旅行者の行動解析の共同検証に取り組んだ。1都3県に宿泊している旅行者向けに、神田明神納涼祭りの記事コンテンツをhandy上のプッシュ型メッセージにて告知を行い、その後handyを利用した旅行者の周遊や行動特徴について可視化を行った。
結果は以下の通り。
神田明神周辺での「handy」を持った旅行者の行動データ
〈人の滞留の可視化〉                    〈時間帯別訪問者数〉            〈訪問者の出発地〉

出典:handy Japan

Agoopの解析結果によると、対象の期間中利用された「handy」のうち、来場者のピークは午後6時台で、東京都港区からの訪問者が最も多く、次に千代田区が占めた。
handy Japanは今後もAgoopとさらなる共同検証を行い、広告事業社、宿泊施設に対して、価値ある情報提供をできるよう努めるとともに、日本の観光立国確立を後押ししていくという。

神田明神祭りの様子

handy

出典:Agoop

【関連記事】
「スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

東急ホテルズ、デリバリーロボットを渋谷で導入
D-CITYブランドが女性ターゲットに名古屋市中区で8月1日開業
AIチャットボット「hitTO」が「Google Home」と連携
変なホテルが客室内タブレット「tabii」を導入
HISが「変なホテル東京 浅草橋」を7月13日開業
IHGが中国でAIによる「スマート・ルーム」の提供を開始ー中国の百度との提携で
WBFリゾート沖縄が福岡で「ホテルWBF福岡中洲」
「ホテルWBFグランデ博多」を今夏相次ぎ開業ー福岡で開業ラッシュ続く

関連記事