ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「NINJA WiFi®」が「handy」をラインナップに追加

「NINJA WiFi®」が「handy」をラインナップに追加

投稿日 : 2019.01.18

指定なし

インバウンド

グローバルWiFi事業、および法人向け情報通信サービス事業を手掛けるビジョンは、訪日外国人旅行者向けWi-Fiルーターレンタルサービス「NINJA WiFi®」においてhandy Japanの展開する「handy」スマートフォンのレンタルをラインナップとして加えることとなった。

「NINJA WiFi」✖️「handy」

「handy」は、インターネット接続や多言語による周辺の観光案内、テザリング可能なポケットWi-Fi機能等を搭載した客室備え付けスマートフォン。

日本では2017年7月よりサービスが開始され、現在までに約1700施設24万客室において採用、国内外の旅行者に利用されている。

一方、ビジョンでは、これまでホームページにて「NINJA WiFi®」の申込を受付し、受け渡しと返却はビジョンの空港カウンター(委託含む)もしくは郵送で行ってきた。

また、多くの訪日外国人旅行者が訪れる日本各地の総合観光案内所等の空港以外の場所をタッチポイントとしたレンタルにも注力し、これまでに全国28箇所で展開。

今回のラインナップの拡充により、急増している訪日外国人旅行者の多種多様なニーズに応えるサービスの一つとして展開する。

ビジョンは、利用者にとって便利で快適な環境を提供できるよう、顧客目線に立ったサービスの向上とさらなる利便性をはかるため、さまざまな取組みを進めていく。

【「NINJA WiFi®」サービス概要  2019年1月18日現在】
サービス内容:日本用Wi-Fiルーターレンタルサービス
通信制限:無制限(通常の利用を逸脱した過剰な通信量(1日あたり3GB以上)があった場合には、通信速度の減速または通信停止になる場合がある)
通信規格:4G-LTE
申込方法: Webサイト *対応言語:英語・中国語(繁)・中国語(簡)・韓国語・日本語
機器受取/返却方法:空港カウンター(国内12空港)、宅配(日本全国)、観光案内所・施設(28箇所)、営業所(2箇所)

【合わせて読みたい】

ロイヤルパークホテル「handyを持って人形町へ出かけよう」

「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

レンタルWiFi多言語申込サイト「Wi-Ho!」イージーコミュ提供

関連記事