ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > handy Japanが「hi Japan株式会社」へ社名変更

handy Japanが「hi Japan株式会社」へ社名変更

投稿日 : 2019.02.06

指定なし

ホテル関連ニュース

ホテル向けスマートフォンレンタルサービス「handy」を展開するhandy Japanは、hi Japanに社名を変更した。また、2月1日付にて、hi Japanの代表取締役社長に、ピーター・リー氏が就任した。

新社名:hi Japan株式会社、新英社名:hi Japan Co., Ltd.  

handy Japanはこの度、従来の「handy」を中心とした旅ナカのスマートフォンレンタル事業に限らず、「旅マエ~旅ナカ~旅アト」の全てのフェーズにおいて、旅の総合プラットフォームとして躍進すべく、社名を「hi Japan株式会社」に変更した。

世界中のあらゆる旅行者を元気づけ、人生をより豊かにしていくことを目指して、世界共通のフレンドリーな挨拶である“hi”をコアブランドとして、今後さらなる事業拡大に努めていくという。

hi Japanは世界82カ国で展開するhi Incの日本法人。世界共通の”hi”をアイコンとして、ホテル向けには客室の販売支援、客室のスマート化、旅行者分析を中心に事業展開。

加えて、旅行者向けには旅ナカサービスプラットフォームとして広告やチケッティング、モバイル決済を中心に展開し、旅の総合プラットフォームとして世界中の旅行者へ素敵な体験を提供していく。

国内では2017年の事業開始以来、宿泊施設向けに提供してきた客室備え付けスマートフォン「handy」は、現在国内ホテルの約3割にあたる1,700施設、24万室に契約の上展開してきた。

また世界では、親会社hi Inc(所在地:香港)を通じて82カ国、60万客室において採用されており、年間2,500万人の旅行者がhandyを利用しているという。

この度代表取締役社長に就任したピーター・リー氏は以下のコメントを寄せた。 
 「この度、hi Japanの代表取締役社長に就任させていただくこととなりました。”hi” ブランドを通して、あらゆる旅行者へ価値ある旅行体験を提供するとともに、観光業界に新たな風を吹き込んでゆきたいと決意しております。宿泊施設、広告主、各パートナーの皆様には一層のご指導とお力添えを賜り、私たちは旅の総合プラットフォームとして、皆様と一緒に日本の観光立国実現の後押しをしてまいります。」

【合わせて読みたい】

「NINJA WiFi®」が「handy」をラインナップに追加

ロイヤルパークホテル「handyを持って人形町へ出かけよう」

「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

関連記事