ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「Bebot」新型肺炎情報を多言語で無償提供開始

「Bebot」新型肺炎情報を多言語で無償提供開始

投稿日 : 2020.02.05

指定なし

インバウンド

株式会社ビースポークは、1日約4万人の訪日外国人が使うAIチャットボット「Bebot」において、新型肺炎(新型コロナウイルス感染症)に関する情報を無償提供を開始した。

チャットボット内で、最新情報、感染症対策情報を多言語配信

新型コロナウイルス感染症の患者数が急増し、日本国内でも感染者が出始めており、現時点で二次感染・三次感染の疑いも発生、今後も不安心理・感染拡大が予想されている。

実際に「Bebot」を利用する外国人旅行者からも質問が多数寄せられているという。

多言語での情報が不足している、また、憶測や根拠の無いデマが拡散されている状況に直面したことがきっかけで、同社は、新型コロナウイルス感染症について、正しい情報を、多言語で、リアルタイムに提供することを決定した。

チャットを通じて、最新情報、感染症対策情報の案内を強化することで、不安心理の緩和・感染拡大の防止に貢献できるよう努めていくとのこと。

【合わせて読みたい】

ANA、感染拡大に中国路線一部を一時運休・減便決定

観光庁、新型コロナウイルスで宿泊事業者向け特別相談窓口

JNTO、外国人旅行者向けコールセンターで新型コロナウイルス問い合わせ対応

経産省、新型コロナウイルスに中小企業・小規模事業者支援の相談窓口

The GrandWest Arashiyama、スタッフ全員マスク着用

「マスク着用禁止の接客業は32.28%」Wizleap調査

京都市観光協会、新型コロナウイルス肺炎患者発生に注意喚起

東横イン、新型コロナウイルスの感染予防にフロントスタッフがマスク着用

新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生に関わる協力

Trip.com、新型コロナウイルス肺炎に感染予防の取り組み


関連記事