ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾート 青森屋、雪中で舞い豊作を祈る八戸郷土芸能「えんぶり」

星野リゾート 青森屋、雪中で舞い豊作を祈る八戸郷土芸能「えんぶり」

投稿日 : 2019.10.29

青森県

ホテル関連ニュース

星野リゾート 青森屋にて、2020年1月19日、26日、2月2日、9日に、青森県八戸地域の郷土芸能「えんぶり」を公演。えんぶりは、その年の豊作を祈願して行われるもので、約800年間、地域の人々によって受け継がれてきた。

苗の種まきや田植えの動作を表現する独特の舞い

出典:八戸えんぶり


えんぶりの名前は、田をならす農具「えぶり」や「いぶり(ゆすぶり)」に由来すると言われる。冬の間眠っている田の神をゆさぶり起こし、春を呼び、その年の豊作を祈願する意味が込められた郷土芸能。各地区のえんぶり組で師匠から弟子へと受け継がれ、小中学校でも継承活動が行われている。

えんぶりは、八戸地域の人々にとって冬に欠かせない行事であり、幼少期から関わっている地域の誇りともいえる。

実際に各地区で継承しているえんぶり組の人々に協力してもらい、青森屋の敷地内で公演する。

出典:八戸えんぶり

【郷土芸能「えんぶり」公演 概要
公演日:2020年1月19日、1月26日、2月2日、2月9日
場所:青森屋 公園内「ねぶた雪灯り」(バス送迎あり)
時間:1回目16:30~/2回目18:00~
所要時間:1回約30分
料金:無料
対象:宿泊者限定

【星野リゾート 青森屋 概要】

「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。

所在地:青森県三沢市字古間木山56

客室数:236室

【合わせて読みたい】

星野リゾート 青森屋、ほたての貝殻を手紙に「ほたてがみ」

星野リゾート青森屋、昔ながらの工芸品制作「南部裂織体験」

星野リゾート青森屋、金魚型の灯篭テーマ「金魚ねぷた処」

星野リゾート 青森屋、和のイルミネーション

関連記事