ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANA、隈研吾氏監修 伊丹・福岡・那覇空港国内線ラウンジ刷新

ANA、隈研吾氏監修 伊丹・福岡・那覇空港国内線ラウンジ刷新

投稿日 : 2018.11.16

大阪府

福岡県

沖縄県

ホテル関連ニュース

ANAは日本を代表する世界的な建築家・隈研吾氏監修の下、伊丹空港・福岡空港・那覇空港の国内線ラウンジを、2019年2月以降順次リニューアルオープンする。ANAはJCSI(日本版顧客満足度指数)調査で顧客満足度1位に選出。国内線ラウンジ刷新でさらなる顧客満足度の向上を図る。

「一期、一会」をコンセプトに

“伝統的日本美”と“先進性”を融合したこれまでにない新しいラウンジ空間を提供したいというANAの想いを、「一期、一会」のコンセプトに込める。

2017年9月にリニューアルオープンした新千歳空港に続き、伊丹空港・福岡空港・那覇空港の3空港のラウンジを拡張するとともに、顧客の滞在時間やニーズに合ったさまざまな種類の座席を設置するなど、新しいデザインを展開する。

隈研吾氏は以下のコメントを寄せた。

「「一期、一会」というコンセプトのもとに、時間をテーマにしたラウンジをデザインしました。短時間の滞在でラウンジを出ていく方、長時間をラウンジで過ごされる方等、様々な過ごし方に対応した新しい多様性のあるラウンジ空間を、伊丹、福岡、那覇の3空港にデザインしました。それぞれの地域性をマテリアルやディテールに反映する予定です。昨年竣工した新千歳空港のラウンジと大きなデザイン方針を共通化しつつ、より快適な滞在空間を提供できればと思います。」

オープン時期(予定)

ANA SUITE LOUNGEデザインイメージ
ANA LOUNGEデザインイメージ
出典:ANA
ANA、顧客満足度1位に選出
ANAは、公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会が2009年度から実施しているJCSI(Japanese Customer Satisfaction Index:日本版顧客満足度指数)調査の11月7日に発表された2018年度JCSI第4回調査の国際航空部門で、顧客満足度1位企業・ブランドに選出。
「顧客満足」「顧客期待」「知覚品質」「知覚価値」「推奨意向」「ロイヤルティ」の6つの指標すべてにおいて、1位となった。
このたびの国内線のラウンジ刷新により、搭乗までのひとときにおいても、快適にくつろげるよう、これからもANAならではの特別な空間を創っていきたい考え。
z
【合わせて読みたい】

隈研吾デザインのグランピング施設が11月1日熱海に開業

大分県・ANA・Airbnbが農村民泊・体験推進で連携

JR東日本とANAが連携、陸と空のシームレス化推進

ANA「でかけよう北海道」復興支援キャンペーン発売開始

関連記事