ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 隈研吾氏デザイン「WE Hotel Toya」グランドオープン

隈研吾氏デザイン「WE Hotel Toya」グランドオープン

投稿日 : 2018.11.14

北海道

新規ホテル情報

北海道洞爺湖に2018年9月22日にソフトオープンした隈研吾氏デザイン監修のデザイナーズリゾート「WE Hotel Toya(ウィー ホテル トウヤ)」は、2018年11月18日(日)にグランドオープンする。北海道洞爺湖町ホテル展開状況と合わせてお伝えする。

出典:Greenwood Capital Group

和の意匠・隈研吾氏デザイン、洞爺湖を望む絶景

WE Hotel Toyaのファサードやインテリアのデザイン監修は、世界的に著名な建築家・隈研吾氏によるもの。

洞爺湖の豊かな自然から着想を得たファサードの木組みや、ロビーとレストランを覆うファブリック素材が、現代的な「和」の意匠を象徴。洞爺湖を目前に望む地上6階からなる建物には、露天風呂付き客室55室、レストラン2店、バー2店を備える。

37㎡の客室はすべて洞爺湖に面しており、バルコニーに備えた露天風呂に浸かりながら雄大な自然を愉しむことができる。「和の大家」隈研吾氏ならではのシンプルモダンなデザインが、何もせず佇む贅沢を最大限に演出。全室にダブルベーシン(2つの洗面台)を配し利便性を追求したほか、家族や友人との旅行を快適に過ごせるよう、全55室のうち12室をトリプルルームとした。

レストラン「EZO Cuisine(エゾ クイジーン)」は「地元の恵みを美味しく」をコンセプトに、道内産の食材を多用し、その魅力を最大限に生かした和洋折衷の料理を提供。ヌードルバーではラーメンやパスタなどの軽食を愉しめるほか、酒樽のモチーフが印象的な「TARU Bar the Hokkaido」、ウィスキーとシガーの芳醇な香りを嗜む「The Cigar Bar」など、長期滞在でも飽きることなく食を満喫することができるラインアップを揃える。

JR洞爺駅との間で無料送迎サービスを提供するほか、洞爺湖の北岸に位置する強みを生かし、冬季はルスツなどの北海道を代表するスキーリゾートにも無料シャトルバスを運行する。

【同ホテル概要】
所在地:北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町293-1
開業日:ソフトオープン 2018年9月22日・グランドオープン 2018年11月18日

アクセス:新千歳空港から南千歳駅で特急スーパー北斗に乗換え約90分。札幌から特急スーパー北斗で約2時間。洞爺駅から無料シャトルバスで約30分。
客室数:55
階数:地上6階・地下1階
延床面積:5,329㎡
敷地面積:5,941㎡

出典:Greenwood Capital Group

北海道洞爺湖町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、洞爺湖町には宿泊施設が24、部屋数にして1,664が提供されている。

同町の客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは55室で8位にランクインした。

2008年にサミットが開かれた洞爺湖では、夏季にはカヌーやマラソントライアスロン大会が開催され、冬季にはスキーなど湖や山などのダイナミックな自然を活用したアウトドアスポーツが盛んに行われている。

出典:Greenwood Capital Group

【合わせて読みたい】

エースホテル京都が2019年末開業ー隈研吾デザイン

隈研吾デザインのグランピング施設が11月1日熱海に開業

関連記事