ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本とANAが連携、陸と空のシームレス化推進

JR東日本とANAが連携、陸と空のシームレス化推進

投稿日 : 2018.11.13

秋田県

インバウンド

ホテル関連ニュース

JR東日本とANAは、政府の観光立国戦略に呼応して拡大する世界の観光需要を取り込み、地方創生とりわけ東北の観光復興の実現に向け、連携して取り組むことで合意した。陸と空が一体となった新しい旅の実現に向けて連携して展開する。

出典:ANA

航空券と周遊券のセット販売、サイト間連携、訪日客向け広報協力

両社は、増加する個人旅行者のニーズに的確に対応し、地方への誘客を更に推し進めることや、「モノ」消費から「コト」消費への移行を踏まえながら、拡大する訪日観光需要に対応するサービス等を連携して展開する。

まず、東北エリア(秋田)の冬季の観光流動創出を目指し、共同キャンペーンを実施。ANAの国内航空券とJR東日本の秋田エリアの周遊に便利なフリーきっぷを国内外向けにセット販売する。

また、拡大する訪日観光需要により対応するべく、両社が海外にて展開するサイト間の遷移を簡易にし、JR東日本のサイトからANA航空券の予約・購入と、ANAのサイトからJR券の予約・購入をそれぞれ利用できる環境を整備する。東北の定期観光バスをANAサイトにて発売するなど、東北エリア観光用「2次交通」の強化も図る。

さらに、東北地方の自然・文化・気候・食等の豊かな観光資源を、JR東日本とANAが連携して訪日外国人旅行者向けに訴求し、東北地方の観光需要喚起を目指す。具体的には、JR東日本とANAが連携してANAの訪日外国人向け多言語情報サイト「Japan Travel Planner」への東北特集ページを展開することや海外旅行博での共同ブース出展、JR東日本海外発信拠点「JAPAN RAIL CAFE」での共同告知展開などを実施する。

【合わせて読みたい】

JR各社、Japanese Beauty Hokuriku キャンペーン

ANA「でかけよう北海道」復興支援キャンペーン発売開始

DeNAがJR東日本・北海道とレンタカー無人貸出サービスーAI活用の需要予測システムのタクシー配車も

関連記事