ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Airbnb、ラグビーW杯期間中の宿泊者数、前年同期比1.5倍

Airbnb、ラグビーW杯期間中の宿泊者数、前年同期比1.5倍

投稿日 : 2019.11.15

指定なし

バケーションレンタル

Airbnbは、11月2日に閉幕したラグビーワールドカップ2019の開催期間中に全国での宿泊者数が前年同期比約1.5倍の65万人となり、12開催地でAirbnbを利用した宿泊者数が同じく前年同期比で2倍以上となる110%増の37万人であったことを発表した。

12開催地、前年同期比で2倍以上となる110%増の37万人

ラグビーワールドカップ2019(9月20日〜11月2日)はこれまでの大規模スポーツイベントと同様に世界中から注目され、沢山の海外旅行者が日本を訪れた。

今回発表したラグビーワールドカップ2019の結果データによりAirbnbホストが日本の観光に大きく寄与していることが明らかになった。

ラグビーワールドカップ2019の成功と収益が地域に還元されるよう、Airbnbは「イベント民泊」の実施をサポート。

Airbnbでは12開催地のうち5地域(大分県、釜石市、熊本県、神戸市西区・北区、東大阪市:50音順)で「イベント民泊」を実施した。12開催地に限った際のAirbnb宿泊者数は、前年同期比で2倍以上となる110%増の 37万人で、ホストの収益も前年同期比108%増となった。

ラグビーワールドカップ期間中の海外からの旅行者の出発地は145ヵ国、8,894都市に及び、特にイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、カナダ、アイルランドなど大会参加国からの宿泊者数が顕著に増加した。

 Airbnb Japanの代表取締役 田邉泰之氏は、以下のように述べた。

「今後予定されている大規模イベントに向け、Airbnbは日本の観光業界がさらに成長し、多様化するための役割をつとめサポートを継続してまいります。」

【合わせて読みたい】

【ラグビーWC】豊田スタジアム周辺ホテル展開状況

【ラグビーWC】小笠山総合運動公園エコパスタジアム周辺ホテル

【ラグビーWC】熊本県民総合運動公園陸上競技場周辺ホテル

【ラグビーWC会場】東大阪市花園ラグビー場周辺のホテル展開状況

【ラグビーWC会場】大分スポーツ公園総合競技場周辺ホテル展開状況

【ラグビーWC会場】釜石鵜住居復興スタジアム周辺ホテル展開状況

【ラグビーWC会場】横浜国際総合競技場周辺ホテル展開状況

関連記事