ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日観光メディア「tsunagu Japan」、handyへのコンテンツ連携開始

訪日観光メディア「tsunagu Japan」、handyへのコンテンツ連携開始

投稿日 : 2019.03.13

指定なし

インバウンド

株式会社D2C Xは、hi Japan株式会社と提携し、D2C Xが運営する多言語対応の訪日観光メディア「tsunagu Japan」の観光情報コンテンツをhi Japanが運営するホテルゲストが利用可能な客室備え付けスマホ「handy」に提供する。

国内約24万室のホテルで訪日観光情報を提供

「tsunagu Japan」は、訪日観光客が日本の観光情報を調べるメディアとして、英語・中国語・タイ語などの複数の言語に対応し、オリジナル記事をWebサイト・SNSを通じて提供している。

今回コンテンツを提供する「handy」は、ホテルゲストが無料で使えるスマートフォンレンタルとして、国際・国内電話、インターネットデータ通信を無料・無制限で利用でき、ホテル周辺の観光・グルメ情報などを多言語で掲載している。

既に国内約1700施設、約24万室のホテルへの採用が決定しており(※2018年12月末時点)、特に東京では約6割以上のホテルに採用されており、訪日外国人を中心に、旅行をより豊かにするサービスとして広がっているという。

各国のカルチャーに精通する「tsunagu Japan」のネイティブスタッフが外国人視点で編集した日本のおすすめレストランやお土産情報、おすすめの観光コースなどの情報を、「handy」を利用する外国人宿泊者に提供することで利用者の利便性向上と両サービスの利用を促進させていく。

今後もD2C Xは「tsunagu Japan」を通じて、良質な日本の観光情報を訪日観光客に届ける取り組みを進めていく考えだ。

【合わせて読みたい】

handy Japanが「hi Japan株式会社」へ社名変更

「NINJA WiFi®」が「handy」をラインナップに追加

ロイヤルパークホテル「handyを持って人形町へ出かけよう」

「handy」がビッグデータ「Agoop」と連携

スマートフォンレンタルサービス「handy」にソフトバンクが出資ー今年度中に国内全ホテルの約30%に導入予定

関連記事