ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁「テーマ別観光による地方誘客事業」9件選定

観光庁「テーマ別観光による地方誘客事業」9件選定

投稿日 : 2019.05.22

指定なし

ホテル関連ニュース

観光庁では、「テーマ別観光による地方誘客事業」に取り組んでおり、ある一つの観光資源を活用して地方誘客を図ることを目的とし、効果的な観光振興等について支援。今年度の事業として、昨年度に支援した17件のうち、これまでの取組及び今年度の取組計画等を踏まえ、9件を継続選定した。

産業観光、ガストロノミー、アニメ、マラソン、忍者など

観光庁では、平成28年度より「テーマ別観光による地方誘客事業」に取り組んでおり、ある一つの観光資源を活用して地方誘客を図ることを目的とし、複数地域のネットワーク形成と、課題や成功事例を共有することによる効果的な観光振興等について支援している。

今年度の事業として、昨年度に支援した17件のうち、各地域のこれまでの取組及び今年度の取組計画等を踏まえ、以下の9件を継続選定した。

・平成29年度から選定

・平成30年度から選定

出典:観光庁

今後、選定されたネットワーク組織等が実施する、観光客のニーズや満足度を調査するためのモニターツアーや、受入体制構築のための共通マニュアルの作成、効果的な情報発信のための共同Webサイトの作成等に必要な経費について、観光庁が支援し、効果的な観光振興を推進する。

なお、令和元年度事業より、新規テーマの募集は行わない。
平成28年度から支援を行っていた6件(エコツーリズム、街道観光、酒蔵ツーリズム、社寺観光 巡礼の旅、明治日本の産業革命遺産、ロケツーリズム)については、3年間の支援期間を満了したため、平成30年度をもって支援を終了した。

【合わせて読みたい】

観光庁、宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業の公募

観光庁、地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業

東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

JNTO、外国人向け総合観光案内所のユニバーサルデザイン対応を強化

観光庁「地域における観光産業の実務人材確保・育成事業」採択地域決定

関連記事