ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁、宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業の公募

観光庁、宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業の公募

投稿日 : 2019.05.15

指定なし

インバウンド

観光庁では、訪日外国人旅行者がストレスフリーで快適に宿泊できる環境を整備するため、宿泊事業者が実施するWi-Fi整備やトイレの洋式化、多言語対応(国際放送設備、タブレット端末等の整備)等の基本的なインバウンド受入環境整備に対する支援を行う。

Wi-Fi整備やトイレの洋式化、多言語対応

同補助金は、本年度より「宿泊施設インバウンド対応支援事業」から「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」に名称変更したもの。

観光庁では、宿泊施設におけるインバウンド受入環境整備を加速化するため、本年度より、補助金額の上限を100万円から150万円に引き上げるとともに、一定の要件を満たす場合には、客室における整備や宿泊事業者1者のみで申請が可能になるなど、要件を大幅に緩和した。

応募期間は、令和元年5月15日(水曜日)~令和元年7月19日(金曜日)

対象事業および、補助比率は、基本的なインバウンド受入環境の整備 1/3補助 (上限150万円)

出典:観光庁

応募詳細は公式サイト参照のこと。

【合わせて読みたい】

観光庁、地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業

東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

JNTO、外国人向け総合観光案内所のユニバーサルデザイン対応を強化

観光庁「地域における観光産業の実務人材確保・育成事業」採択地域決定


関連記事