ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁、地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業

観光庁、地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業

投稿日 : 2019.05.07

指定なし

インバウンド

観光庁は、訪日外国人を含む旅行者の受入環境整備の一環として、このほど「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業)」の今年度の公募を開始した。

「外国人観光案内所」「公衆トイレの洋式便器の整備及び機能向上」等の整備を促進

対象は、地方公共団体、民間事業者及び協議会等 。

補助対象経費は以下の通り。

(1)外国人観光案内所(先進機能の整備、公衆LAN、多言語発信など) 

(2)非常用電源装置及び情報端末への電源提供機器の整備

(3)観光拠点情報・交流施設(VR機器、デジタルサイネージ、多言語案内用タブレットなど)   

(4)多様な宗教・生活習慣への対応力の強化(実践的なセミナー開催にあたり必要となる費用など)    

(5)公衆トイレの洋式便器の整備及び機能向上   

補助率は、補助対象経費の3分の1以内。

募集はすでに開始されており、10月31日(木)17時(必着)。

申し込みなどの詳細は公式サイト参照のこと。

【合わせて読みたい】

東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

JNTO、外国人向け総合観光案内所のユニバーサルデザイン対応を強化

観光庁「地域における観光産業の実務人材確保・育成事業」採択地域決定

観光庁、民泊事業の届出手続に係るフォローアップ

関連記事