ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

東京都、宿泊施設バリアフリー化支援内容を拡充

投稿日 : 2019.04.16

東京都

ホテル関連ニュース

東京都及び(公財)東京観光財団では、東京を訪れる高齢者や障害のある人などに、安全かつ快適に過ごしてもらえるよう、バリアフリー化に取り組む宿泊事業者に対し、施設整備等に要する経費の一部を補助。このたび、建築物バリアフリー条例が定める整備基準を満たす一般客室への改修等についても補助対象とするなど、支援内容を拡充した。

補助対象は、都内において「旅館・ホテル営業」又は「簡易宿所営業」を行っている施設。

補助対象経費は、バリアフリー化を推進するための、施設整備、客室整備、備品購入及びコンサルティングに要する経費。

補助対象経費の最大10分の9以内で、以下の額を限度とする。

(1)コンサルティング 2/3 ・ 34万円 

(2)バリアフリー化整備事業(施設整備) 4/5 ・3,000万円

(3)バリアフリー化整備事業(客室整備) 4/5 ・4,200万円  (9/10 ・4,800万円)

(4)バリアフリー化整備事業(備品購入) 4/5 ・320万円

募集期間は、2019年4月11日(木)から2020年3月31日(火)まで。

申請方法など詳細は公式サイト確認のこと。

【合わせて読みたい】

東京パラリンピックに向けてー観光庁、宿泊施設のバリアフリー促進事業

観光庁、宿泊施設バリアフリー化促進事業の公募

インドネシアで障がい者向けビーチツーリズムの促進

観光庁における障害者雇用状況、ゼロ人

星野リゾート「車いすグローバルチャレンジ2019」

関連記事