ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東急不動産、スキーリゾート地でTポイントとQRコード決済

東急不動産、スキーリゾート地でTポイントとQRコード決済

投稿日 : 2018.11.23

インバウンド

東急不動産、東急リゾートサービス、Tポイント・ジャパン及び、ネットスターズは、東急リゾートサービスが運営する全国のスキー場7カ所において、スマートスキーリゾートを目指し、TポイントやQR決済で顧客利便性向上や地域活性化のためのサービスを、11月23日より順次提供する。

スマートスキーリゾートの実現へ

Tポイント・ジャパンは同社の共通ポイントサービス「Tポイント」及び電子マネーサービス「Tマネー」を全国のスキー場で初めて提供。同サービスの開始により、Tカードを持つ顧客は、東急リゾートサービスが運営する各スキー場のリフト券購入時に、窓口にてTカードを提示すると、200円(税抜)でTポイントを1ポイント貯めることが可能となる。

また、現在持つTカードに現金をチャージし、Tマネーを利用すると、カード1枚でショッピングポイントと決済ポイントがダブルでTポイントが貯まる。東急リゾートサービスではTポイントのデータベースを活用したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)による、最適なスキーリゾートサービスの実現を目指す。

ネットスターズは同社のマルチ決済プラットフォーム「StarPay」を日本のスキー場としては初めて提供。東急リゾートサービスは同サービスの仕組みを活用し、中国人旅行者向けのスマートフォン決済サービス、「WeChat Pay(ウィチャットペイ、中国名:微信支付)」及び「Alipay(アリペイ、中国名:支付宝)」を導入することで、中国圏からの訪日観光客の利便性の向上を図る。また、国内ユーザー向けにも同サービスを通して「LINE Pay」などのQR決済サービスに対応し、キャッシュレス化を推し進め、スキー場内で現金を持ち運ばずに済む世界の実現を目指していく。

東急不動産及び東急リゾートサービスは上記サービスを始めとしたIoT活用をスキー事業において推進することで、スキー場利用者の利便性向上を図ると同時に、顧客データや購買データなどを蓄積・活用することで、より快適に過ごせるスマートスキーリゾートの実現とスキー場のある地域の活性化に努めていくという。

【合わせて読みたい】

スマホ決済サービス「Origami」旭川空港へ提供

アリペイ、11月20日(火)よりAOKI全店舗で導入

インバウンド観光客向けアプリ「日本美食」Tポイント開始

余った外貨を電子マネーに「ポケットチェンジ」が提携拡大

マイステイズ、スマホ決済サービス「PayPay」導入

WeChat Payがタップのホテル基幹システムと連動

阪急阪神グループ、モバイル決済サービス導入

NTT西日本、白浜町でキャッシュレスサービス導入実験

レオパレスホテルズにて3種類のQRコード決済サービス提供

京都市観光協会がキャッシュレス決済の拡充へ連携

関連記事