ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マイステイズ、スマホ決済サービス「PayPay」導入

マイステイズ、スマホ決済サービス「PayPay」導入

投稿日 : 2018.11.02

指定なし

ホテル関連ニュース

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、導入済みの「Alipay」(2017年11月~)および「WeChat Pay」(2018年7月~)に加えソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が提供するスマホ決済サービス「PayPay」の導入を開始した。

新サービスを早々に導入、キャッシュレス化をさらに促進

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社が提供する、スマホ決済サービス「PayPay」の導入を開始した。

既に導入済みの訪日中国人向けサービス「Alipay(支付宝・アリペイ)」(2017年11月~)および「WeChat Pay(微信支付)」(2018年7月~)に加え、利用者の利便性向上と現場オペレーションのキャッシュレス化をさらに促進する。

同サービスの導入は、マイステイズ・ホテル・グループ内の全ブランド、「アートホテル」「ホテルマイステイズプレミア」「ホテルマイステイズ」「フレックステイ」「MyCUBE by MYSTAYS」「マイステイズプレミアレジデンス」「マンスリーレジステイズ」「マイステイズコレクション」国内89棟。

宿泊利用者のニーズに合わせて展開する全ブランドでスマホ決済サービス「PayPay」が利用可能になる。

マイステイズ・ホテル・グループ内でのスマホ決済サービス「PayPay」の利用方法については、ホテル側が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式に対応している。

PayPay株式会社は、2018年6月15日設立、東京都千代田区に本社を置く会社で、10月5日にサービスを開始したばかり。

なお、PayPayはAlipayと連携し、訪日中国人は、「Alipay」アプリを起動し、PayPayの加盟店において「PayPay」のQRコードをスキャンすることで決済することができる。

【合わせて読みたい】

WeChat Payがタップのホテル基幹システムと連動

阪急阪神グループ、モバイル決済サービス導入

NTT西日本、白浜町でキャッシュレスサービス導入実験

レオパレスホテルズにて3種類のQRコード決済サービス提供

京都市観光協会がキャッシュレス決済の拡充へ連携

関連記事