ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > SQUEEZE「Theatel Osaka Ebisu」2019年6月18日開業

SQUEEZE「Theatel Osaka Ebisu」2019年6月18日開業

投稿日 : 2019.06.18

大阪府

新規ホテル情報

SQUEEZEは、約80インチの大型スクリーンで映画や動画・テレビも見放題で楽しめる「Theatel Osaka Ebisu(シアテル大阪えびす)」(大阪市浪速区、48室)を本日6月18日に開業する。大阪市浪速区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

Theater(シアター) × Hotel(ホテル)

出典:SQUEEZE

同施設は、「くつろぐ × エンターテイメント × 利便性」を追求し、Theater(シアター)× Hotel(ホテル)の着想を得て、「Theatel」と名付けられた。

2018年8月にオープンしたシアテル羽田は、国内外問わず多くの顧客に利用されており、この度大阪に2号店をオープンする運びとなったという。

今回開業するのは難波・日本橋からも徒歩圏内、注目度が増している新世界エリアからほど近い恵比須町。恵美須町駅(堺筋線・阪堺電車)、今宮戎駅(南海線)から徒歩3分ほどの近さに加え、大国町駅(御堂筋線・四ツ橋線)、新今宮駅(JR線・南海線)と全ての駅に徒歩10分以内にアクセス可能。

アクセス上の強みからビジネス需要、通天閣に近く観光資源にも恵まれているためインバウンド需要も見込め、これから益々発展していく可能性を秘めた立地。

「シアテル大阪えびす」では広いロビーとは対照的にコンパクトな客室を活かし、シンプルなインテリアと自宅のように素足で過ごせる小上がり空間に仕上げた。

今回初めて一部の客室に和室を設け、「和室 × シアター」という新たなコラボレーションで映画館にいるような迫力ある映像はそのままに、要望が多かったテレビチューナーを完備し、映画だけではなくテレビも同時に楽しめるよう進化した。

出典:SQUEEZE

【同施設 概要】
名称:「Theatel Osaka Ebisu(シアテル大阪えびす)」
所在地:大阪市浪速区恵美須西1丁目4−4

アクセス: 
大阪メトロ堺筋線「恵美須町」駅 約150m
大阪メトロ御堂筋線 四ツ橋線「大国町」駅 約650m
南海電鉄今宮戎駅 約200m
JR大阪環状線新今宮駅 約750m
客室数:全48室(1部屋あたり宿泊人数:2名)

出典:SQUEEZE

大阪府大阪市浪速区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市浪速区には宿泊施設が169、部屋数にして7,914室提供されている。

新規開業予定は22施設、部屋数にして3,740室と激増を見込んでいる。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「Minn Shinsaibashi-East – your second home」開業

「星野リゾート OMO7大阪新今宮」2022年4月開業

「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」2019年7月25日開業

駅直結の2つの「ナインアワーズ」が大阪・福岡に開業

関連記事