ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スパリゾートハワイアンズに新ホテル「カピリナタワー」 2022年7月開業

スパリゾートハワイアンズに新ホテル「カピリナタワー」 2022年7月開業

投稿日 : 2020.01.16

福島県

新規ホテル情報

常磐興産株式会社は、2022年7月(予定)、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ敷地内に新ホテル「カピリナタワー」(264室)を開業する。

「カピリナ」、ハワイ語で「親密」「つながり」

出典:常磐興産

新ホテル「カピリナタワー」のキーコンセプトは「ハワイアンズ・コンフォート」。スパリゾートハワイアンズの既存ホテルのイメージを一新し、ゆったりとした時間のなかで新しい「快適さ」「心地良さ」を追求した、癒しと安らぎの空間を提供する。

客室はスパリゾートハワイアンズ初の全室ツインルーム、11階建て264室のうち24室が「クラブルーム」(約55㎡)、240室が「スーペリアルーム」(約27㎡)。「クラブルーム」では、初のクラブフロアを設け、客室専用露天風呂を備えているほか、専用ラウンジや専用の各種サービスを提供する。

集客目標は年間16万8千人、年間売上は35億円を見込む。新ホテルの開業により、スパリゾートハワイアンズの宿泊施設は全4ホテル724室・収容人数は約2,500人となるという。

出典:常磐興産

「カピリナ」という言葉には、ハワイ語で「親密」「つながり」などの意味がある。この新しいホテルを、顧客が“親密さとつながりを深める場所”に。そして、“顧客とスタッフがいっときでも心がつながる場所”にしたいとの願いを込めて命名したという。

出典:常磐興産

【同施設 概要】
所在地:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50(スパリゾートハワイアンズ敷地内、ホテルハワイアンズの東側に隣接、ホテルハワイアンズと連絡通路で接続)
延床面積:23,313㎡(7,052坪)
建物概要:鉄筋コンクリート造 地上11階 塔屋1階
総客室数:264室(定員528名)

福島県いわき市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、いわき市には宿泊施設が200、部屋数にして6,110室が提供されている。新規開業予定は同ホテルの他に確認できなかった。

同市内の宿泊施設においては、ホテルハワイアンズ(289室)が単体としても最大で、スパリゾートハワイアンズとしては、同ホテルの開業によりさらにシェアを拡大する見込み。

【合わせて読みたい】

ハワイアンズ、宿泊施設「ウイルポート」全面改装

ハワイアンズ「バウ・リニューアル」プラン、第2四半期決算

震災から7年の福島、沿岸部の被災地で新ホテル開業

JNTO、福島県が挑むデジタルマーケティング

関連記事