ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「相鉄フレッサイン 浜松町大門Ⅱ(仮)」2022年冬開業

「相鉄フレッサイン 浜松町大門Ⅱ(仮)」2022年冬開業

投稿日 : 2019.10.24

東京都

新規ホテル情報

相鉄グループの相鉄ホテルマネジメントでは、2022年冬に、「(仮称)相鉄フレッサイン 浜松町大門Ⅱ」(東京都港区)を出店する。浜松町駅周辺では、2011年に開業した「相鉄フレッサイン 浜松町大門」に続く2店舗目となる。

相鉄グループの宿泊特化型ホテル54店舗目、浜松町2店舗目

出店予定地は、都営地下鉄浅草線・大江戸線の「大門駅」から徒歩約2分、JR山手線・京浜東北線の「浜松町駅」から徒歩約5分と、アクセスに優れた立地。

ビジネスやレジャー、インバウンドなど、通年で高い宿泊需要が見込めるエリアにあることから、既存の「相鉄フレッサイン 浜松町大門」とともに、幅広い顧客に利用されることを期待しているという。

同ホテルは、建物オーナーから相鉄グループの相鉄ホテル開発が建物を賃借し相鉄ホテルマネジメントが運営するもので、「相鉄フレッサイン」として43店舗目(開業準備中を含む)となる。

相鉄グループでは、宿泊特化型ホテル事業を積極的に展開しており、グループの成長戦略の重要な柱として、国内外で100店舗のホテル運営を目指している。

【同ホテル 概要】

所在地:東京都港区芝大門2丁目101他(地番)

アクセス:都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」徒歩約2分、JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」徒歩約5分

建物構造:鉄骨造 地下1階・地上14階建(予定)

延床面積:4,825.63㎡(予定)

客室数:181室(予定)

開業日:2022年冬(予定)

出典:相鉄

東京都港区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、港区には宿泊施設が197、部屋数にして31,223室が提供されている。

新規開業予定は33施設、部屋数にして5,668室が新たに供給される見込み。

開業を予定する同ホテルの周辺ホテル展開状況マップは以下の通り。(青緑の円は既存施設で大小は客室数を示す、紫色のハウスマークは新規開業予定施設)

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」2019年11月1日開業

「相鉄フレッサイン ソウル明洞」2019年10月1日開業

「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」2019年7月25日開業

相鉄フレッサイン、田町に2店舗目、2020年夏開業

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

関連記事