ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「シンドーン・ミッドタウン」バンコク・ランスアンエリアに2020年春開業

「シンドーン・ミッドタウン」バンコク・ランスアンエリアに2020年春開業

投稿日 : 2019.12.06

海外

新規ホテル情報

サイアム・シンドーン株式会社は、2020年3月1日、バンコク中心部のランスアンエリアに、タイ生まれの新ホスピタリティブランド「シンドーン・ミッドタウン(英:Sindhorn Midtown、68 Langsuan Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand.、344室)を開業。

ルンピニ公園北・ランスアン通り沿いにスタイリッシュな新拠点が誕生

出典:サイアム・シンドーン

シンドーン・ミッドタウンは、シックなランスアンエリアにマッチしたスタイリッシュな都市景観が大きな魅力。

さまざまなタイプの客室とスイートルームをあわせて344室擁する31階建てのホテルと49戸のサービスレジデンスを展開。タイならではのアーティスティックな感性や洗練されたライフスタイルをデザインの細部に表し、現代のビジネス&レジャートラベラーに唯一無二の本物のくつろぎを体感できるという。

アクセスはBTS(スカイトレイン)のチットロム駅とラチャダムリ駅、さらにエラワン祠やプラトゥーナム市場などの観光名所までは徒歩5分。ラチャプラソンのスカイウォークを使えば、セントラルワールド、サイアムパラゴン、サイアムセンターなどの主要なショッピングセンターも近所。またトゥクトゥクでルンピニ公園でのピクニックや、各国大使館訪問にも便利な立地となっている。

地上18階にある「Horizon Pool」(ホライゾン・プール)は、バンコクのスカイラインを一望しながらカクテルやカナッペなどが味わえるスポット。また地上19階には年中無休のフィットネスセンターがあり、Seara社製の最新トレーニング機器とスチームルーム2室も完備する。

出典:サイアム・シンドーン

【合わせて読みたい】

マンダリンオリエンタルバンコク、リバーウィング改装完了

共立メンテナンス、タイのシラチャにサービスアパートメント

『ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ』2021年開業

関連記事