ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マンダリンオリエンタルバンコク、リバーウィング改装完了

マンダリンオリエンタルバンコク、リバーウィング改装完了

投稿日 : 2019.11.19

海外

ホテル関連ニュース

チャオプラヤ川沿いに佇む、バンコクを代表する老舗5つ星ホテル、マンダリン オリエンタル バンコクはこのたび、2019年3月から実施してきた施設内リバーウィングの改装作業を完了し、今月から来月にかけて順次再オープンする。

143年に亘る同ホテルの歴史上、過去最大規模の改装

出典:マンダリン オリエンタル バンコク

リバーウィングの改装作業は143年に亘る同ホテルの歴史上、過去最大規模のもので、リニューアル・オープンを記念して、期間限定の宿泊プラン「ビー・ザ・ファースト・トゥー・ステイ(Be the First to Stay)」を来月中旬から2020年3月31日まで案内する。

同ホテルでは一昨年に、オーサーズウィングとガーデンウィングを対象とした大規模な改修作業も実施しており、今回のリバーウィングの改装は、同ホテルがバンコク、あるいはタイといった枠組みを超え、「世界最高級のホテル」という地位を確固たるものにすることを目指し、実施したという。

今回は合計9千万米ドル(約98億2千100万円)を投下し、リバーウィング内の全ての客室を改装し、客室の構成を変えることで、スイートタイプの客室数を増やした。

38~63平方メートルの広さを誇る新たな客室のデザインは、世界的に有名なインテリア・デザイナー、ジェフリー・ウィルクス(Jeffrey Wilkes)氏に依頼し、同ホテルの長きにわたる歴史を尊重しつつ、21世紀らしいテクノロジーや利便性も至る所に取り入れたという。

川沿いというロケーションからデザインのインスピレーションは派生しており、トロピカルな香りを添えるチーク材のフローリング、豊かな質感のカーテン、ジム・トンプソンの豪華なファブリック、白く塗られた木製の壁面パネルなどが、優雅なリゾートの雰囲気を生み出す。

客室に併設しているバルコニー、床から天井までつながる大きな窓からは、バンコク市民から「王の川」として親しまれている、チャオプラヤ川の優雅な流れを見られる。

また今回は、リバーウィングのみならず、館内のレストラン施設やパブリック・スペースのアップグレードも実施した。まず、館内11番目の料飲施設として、ミシュランの星も獲得している芦屋市にある京料理「たか木」のオーナーシェフ、高木一雄氏によるタイ国内初出店となる、京懐石レストラン「キヌ(絹) バイ タカギ(Kinu by Takagi)」を新しくオープンした。

そして、「ロード ジム(Lord Jim’s)」、「ザ・ヴェランダ(The Verandah)」、「リバーサイド テラス(Riverside Terrace)といったレストランではインテリアを刷新し、「テラス・リム・ナーム(Terrace Rim Naam)」は、過去にミシュランの星を獲得した経歴のある新たな料理長を迎え入れた。

さらに、以前の雰囲気を残しつつ、ホテルのロビーをスタイリッシュに改装し、2つのスイミング・プールにはリラクゼーション・エリアとカバナを追加した。

出典:マンダリン オリエンタル バンコク

マンダリン オリエンタル バンコクの総支配人、グレッグ・リデル氏のコメントは以下の通り。

「開業以来143年間、マンダリン オリエンタル バンコクは活気あふれるバンコクの象徴として繁栄を続けてまいりました。今回のリバーウィングの改装にあたっては、一昨年に実施したオーサーズウィングとガーデンウィングの改修を巧みに補完し、世界で語り継がれるホテルのひとつとしての地位を保ちつつ、当ホテルの価値を再認識できるよう、細心の注意を払い設計いたしました。当ホテルのチーム全員がきめ細やかなサービスと、温かいタイのおもてなしをご提供することに日々情熱を注いでおります。大規模な改修作業を完了し、再度お客様をお迎えできることを楽しみにしております」

【合わせて読みたい】

共立メンテナンス、タイのシラチャにサービスアパートメント

『ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ』2021年開業

マンダリンオリエンタル東京「ピッツァバー on 38th」最高評価3スライス受賞

「マンダリン オリエンタル パレス ルツェルン」2020年末開業

マンダリンオリエンタル、2022年中国南京で新規ホテル開業

関連記事