ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 志摩スペイン村、全ての従業員がマスク着用

志摩スペイン村、全ての従業員がマスク着用

投稿日 : 2020.02.06

三重県

ホテル関連ニュース

志摩スペイン村は、休園・休館日明けにあたる2月8日の営業より、新型コロナウイルス感染症の発生が国内で報告されている現状に鑑み、顧客への感染予防および拡散防止対策を実施する。

同施設では、全ての従業員がマスクを着用する。
※エンターテイメントは、通常どおり上演。

また、手指消毒液の増設として、各飲食サービス施設の入口およびトイレに加え、テーマパークのエントランス、ホテルロビー、温泉ロビー、各物販施設、一部アトラクション出入口付近などに手指消毒用のアルコール消毒液等を増設する。

【同施設 概要】

所在地:三重県志摩市磯部町坂崎

開業日:1994年4月22日 志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」「ホテル志摩スペイン村」(252室)

2001年4月22日伊勢志摩温泉 志摩スペイン村「ひまわりの湯」

敷地総面積/113ha

テーマパーク「パルケエスパーニャ」/34ha(340,000㎡)
ホテルゾーン「ホテル志摩スペイン村」/8ha(80,000㎡)
保存緑地その他/71ha(710,000㎡)

【合わせて読みたい】

イー・ビジネス、新型コロナウイルス対策 ホテル接客アプリ

「Bebot」新型肺炎情報を多言語で無償提供開始

HCJ事務局、新型コロナウイルス感染症に注意喚起

伊勢志摩地域デジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」

関連記事