ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 伊勢志摩地域デジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」

伊勢志摩地域デジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」

投稿日 : 2019.10.16

三重県

ホテル関連ニュース

近鉄グループホールディングスと三菱総合研究所(MRI)は、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨として、2019年11月11日(月)から2020年1月31日(金)までの期間、「近鉄しまかぜコイン」を発行する。

ブロックチェーン基盤使用、サービスデジタル化・データ活用

出典:近鉄しまかぜコイン

同サービスは、過去二度にわたって近鉄とMRIが共同で実施した「近鉄ハルカスコイン」社会実験の成果に基づき実用化し、新たに近鉄沿線の重要観光拠点である伊勢志摩地域の観光施設や飲食店などで決済に利用できるプレミアム付きのデジタル地域通貨を発行することで、更なる旅客誘致を図り、同地域の競争力を高めるもの。

「近鉄ハルカスコイン」社会実験と同様、MRIがブロックチェーン技術を駆使したプラットフォームの全体開発および運用マネジメントを担当し、両社が協力してサービス機能の拡充を行う。

さらに、ブロックチェーン技術によるプラットフォームを活用して、様々なサービスのデジタル化を進めるとともに、それによって得られるデータを活用していくことで、新たな沿線活性化モデルの構築を積極的に進めていく。

【「近鉄しまかぜコイン」サービスの概要】
期間:2019年11月11日(月)から2020年1月31日(金)まで
参加施設(予定):
・志摩スペイン村(パーク、ホテル、温泉)
・志摩観光ホテル(飲食・物販)
・都リゾート志摩ベイサイドテラス(飲食・物販)
・都リゾート奥志摩アクアフォレスト(物販)
・賢島宝生苑(飲食・温泉)
・志摩マリンランド(物販)
・賢島エスパーニャクルーズ(運賃)
・朝熊山頂売店・茶屋(物販・飲食)
・ドライブイン鳥羽(物販)
・賓日館(入館)
・マコンデ美術館(入館・物販)
・ORANGER CAFE wood(飲食)
・愛洲の館(入館)
・鳥羽シーサイドホテル(物販)
・伊勢河崎商人館(入館・物販)
チャージ場所(予定):
・伊勢志摩エリアの近畿日本鉄道特急券窓口:伊勢市(近鉄側・JR側)、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、鵜方、賢島の各駅
・志摩スペイン村(パークエントランス、ホテルフロント)、志摩観光ホテル(フロント)、志摩マリンランド、鳥羽シーサイドホテル(フロント)

利用方法:「近鉄しまかぜコイン」アプリを自身でダウンロードのうえ、必要事項を登録することで利用できる。

※近畿日本鉄道企画乗車券「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”」「伊勢神宮参拝きっぷ」購入の顧客に利用案内を配布。

通貨発行:現金+プレミアム10%(1コイン=1円相当)
※現金は千円単位で10万円までチャージ可能
実施内容:・二段階認証の採用
・固定QRコード決済方式・店舗端末決済方式の双方を採用(ハイブリッド決済方式)
・デジタル地域通貨と現金その他の決済方式との併用
・参加者同士による個人間譲渡
・モバイルスタンプラリー
(施設・店舗での決済時に電子スタンプを押印しスタンプを集めると、その個数に応じて景品が当たる抽選会に応募できる。)

【合わせて読みたい】

観光地型「志摩MaaS」第1弾実証実験10月1日開始

近鉄グループが観光地型MaaS推進に「志摩MaaS」実証実験

長崎県平戸市で地方創生ICOの実施検討

京都市観光協会がキャッシュレス決済の拡充へ連携

関連記事