ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「プリンスバケーションクラブ三養荘」2019年7月17日開業

「プリンスバケーションクラブ三養荘」2019年7月17日開業

投稿日 : 2019.07.05

静岡県

新規ホテル情報

プリンスホテルが運営する伊豆長岡温泉 三養荘は、これまで培ってきた伝統を次世代につなぐため、時代のニーズに合わせたバリューアップを行い“新しい時代の旅館”として7月8日改装開業。 別館客室8室は会員制旅館「プリンス バケーション クラブ 三養荘」として7月17日開業する。

国の登録有形文化財にも登録の伝統の旅館がリニューアル

出典:プリンスホテル

一般客室においては、新館全22室のうちベッド付きの部屋を新たに9室追加し全17室とすることで、これまでのアクティブシニア層の顧客に加え、普段ベッドに慣れている外国人客や若年層の顧客がより使いやすい環境を整えた。

同時に、客室内の浴槽に手摺を設置することで、より機能性を向上。また、施設内にキッズスペースを設置し、ファミリー客も楽しく過ごせるようにした。

そして、別館客室8室は会員制旅館「プリンス バケーション クラブ 三養荘」としてリニューアルし、開業する。旅慣れたアクティブシニア層の顧客に、1年を通じて別荘のように利用を提供。

伊豆長岡温泉 三養荘は1929年岩崎弥太郎氏の長男・久彌氏の別邸として建設され、1947年に旅館としての営業を開始し、70 年余りの歴史を歩んでいる。旅館として利用しながら繊細な建築を長年に渡り維持・管理し、2017年には本館の玄関や客室などが国の登録有形文化財に登録された。

長年に渡り培ってきた日本の旅館文化を時代と共に進化させていくため、2014年に愛犬と過ごせる専用客室を2室設置するなど、さまざまな顧客が利用しやすい環境づくりを進めてきた。

出典:プリンスホテル

会員制旅館「プリンス バケーション クラブ 三養荘」概要】
別館8室はリニューアルし、会員制旅館「プリンス バケーション クラブ 三養荘」として運営。全室90㎡を超え、掛け流しの温泉を備える。今回のリニューアルでは和風建築を生かしつつ、ベッドやテーブルを設置し機能性を高める。
権利形態:預託制  
権利期間:開業日から15年   
総募集口数:96口   
第四期募集価格:¥8,210,000(うち預託金¥2,000,000)        
年会費:¥194,400/口 ※消費税込
利用料金:スタンダード ホーム会員 1室1泊 ¥17,820 相互利用 1室1泊 ¥23,760
貴賓室 :ホーム会員 1室1泊 ¥23,760 相互利用 1室1泊 ¥29,700 ※消費税・サービス料込・入湯税別途 

出典:プリンスホテル

【同施設 概要】

所在地:静岡県伊豆の国市ままの上270
客室:新館22室(和室5室、洋室3室、和洋室14室)
本館7室(和室7室)
別館(プリンス バケーション クラブ 三養荘)8室(和洋室8室)
アクセス:車 東名高速沼津I.C.、新東名高速長泉・沼津I.C.より伊豆縦貫自動車道~伊豆中央道(伊豆長岡北I.C.)で24km(平常時約25分)
電車 東海道新幹線三島駅よりタクシーで約30分、または伊豆箱根鉄道に乗り換え約19分、伊豆長岡駅よりタクシーで約5分

静岡県伊豆の国市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、伊豆の国市には宿泊施設が65、部屋数にして1,591室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

プリンスホテルが伊豆に会員制旅館を2019年9月開業

道の駅「伊豆のへそ」11月23日リニューアルオープン

サイクリスト向け「コナステイ伊豆長岡」3月25日開業

プリンス、初の会員制リゾートホテルを軽井沢に7月8日開業

関連記事