ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > プリンス、初の会員制リゾートホテルを軽井沢に7月8日開業

プリンス、初の会員制リゾートホテルを軽井沢に7月8日開業

投稿日 : 2019.07.04

長野県

新規ホテル情報

プリンスホテルは、初の会員制リゾートとして2019年7月8日(月)に軽井沢 浅間プリンスホテル内に「プリンスバケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」と、「プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間」を開業する。また、併せて浅間山を望む絶景を生かした温泉棟も開業する。

「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」「プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間」

出典:プリンスホテル

開業に先立ち2019年4月にはレストランをリニューアルし、一般客室においてもこれまでの季節営業から通年営業に変更し、浅間山を正面に望む絶好のロケーションを生かした新たなリゾートホテルに生まれ変わった。

出典:プリンスホテル

軽井沢駅の南側に広がる「プリンスグランドリゾート軽井沢」は、ホテル、ゴルフ場、スキー場、結婚式場、ショッピングプラザを擁し、総合型リゾートとして観光や長期滞在、MICEなど多様な目的で利用されている。2012年より順次ゾーニングを明確化するためのバリューアップを実施し、各施設の機能を強化することにより“The First Choice Destination in Japan”=「世界から選ばれるプリンスグランドリゾート軽井沢」を目指している。 

軽井沢 浅間プリンスホテルは、このエリアにおいてゴルフ場に隣接する隠れ家的リゾートホテルとして1997年に営業を開始して以来、ゴルフを楽しむ顧客を中心に利用されてきた。眼前には軽井沢浅間ゴルフコースが広がり、また軽井沢72ゴルフからも最も近いホテルとなる。

このたび緑豊かな環境と絶好のロケーションをより多くの人に楽しんでもらうべく従来の一般営業に加え会員制ホテルの機能を併せ持つことで、ファミリーや3世代をはじめとする様々な層の顧客のニーズに対応するホテルとしてプリンスグランドリゾート軽井沢の新たな選択肢を提案する。

出典:プリンスホテル

【プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間 概要】
軽井沢 浅間プリンスホテルの敷地内に15 棟のヴィラタイプの会員制ホテルが開業。全棟が 80 ㎡以上のゆとりある面積で、うち2棟は愛犬と一緒に過ごせるドッグヴィラとなる。

共有制の会員権として全15棟、総口数180口を販売。
権利形態:共有制

権利期間:35 年

総募集口数:180 口

第五期募集価格:¥13,388,000

年会費:¥162,000/口
利用料金:ホーム会員 1 室 1 泊 ¥23,760 相互利用 1 室 1 泊 ¥29,700 ※消費税・サービス料込・入湯税別途

出典:プリンスバケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間

【プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間 概要】
軽井沢 浅間プリンスホテル内の客室を転用した48室の会員制ホテル。ホテル客室を改装し、ファミリー層や3世代に対応した客室を用意。預託制の会員権として全48室、総口数576口を販売。
権利形態:預託制

権利期間:15年

総募集口数」576口

第五期募集価格:¥3,930,000

年会費:¥118,800/口
利用料金:ホーム会員・相互利用1人1泊 おとな ¥4,536 こども ¥3,132

出典:プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間

温泉棟「Breeze in Plateau」

また、滞在価値の向上を図るため、敷地内に自家源泉・軽井沢押立温泉の湯を使用した温泉棟を新設。ホテル棟と温泉棟の間にはスムーズに移動できるモノレールを新設し、顧客の利便性の向上を図る。「プリンス バケーション クラブ」会員、またホテル宿泊客、ゴルフ場利用客が利用できる。

出典:プリンスホテル

長野県軽井沢町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、長野県北佐久郡軽井沢町には宿泊施設が210、部屋数にして4,438室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

プリンスホテルが伊豆に会員制旅館を2019年9月開業 

新宿プリンスホテル、夏休みホテル裏側体験宿泊プラン

品川プリンス TABLE 9、月火夕方限定「TOKYO SOIREE」

長野県ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事