ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本旅行、JR西日本、手荷物一時預かりサービス拡充

日本旅行、JR西日本、手荷物一時預かりサービス拡充

投稿日 : 2018.12.18

インバウンド

日本旅行、JR西日本、手荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」は、このたび、首都圏をはじめ新たに7店舗で取扱を開始するなどサービスを拡充する。

日本旅行、JR西日本とecboは、2018年1月に締結した業務提携に基づき、2018年3月19日より金沢、京都、大阪、岡山、広島エリアの全7店舗で手荷物一時預かりサービスを開始した。

そして、このたび、首都圏や関西、福岡の新たに7店舗で取扱を開始、サービスを拡充する。

サービス開始日は、2018年12月22日(土)、予約開始日は、2018年12月19日(水)。

新たなサービス開始箇所(7箇所)は日本旅行の7店舗:大宮支店(埼玉県)、新宿支店(東京都)、TiS天王寺支店(大阪府)、TiS三ノ宮支店(兵庫県)、TiS神戸支店(兵庫県)、TiS姫路支店(兵庫県)、TiS博多支店(福岡県)。
今回の取扱箇所の拡充に加えて、JR西日本レンタカー&リースが展開する岡山駅の手荷物預かり所においても(運営はヤマト運輸株式会社に委託)新たにサービスを開始した。

日本旅行は、今後、全国に同サービスを拡大していく方針だ。

【合わせて読みたい】

ecbo cloak、山手線エリアに続々拡大

ズボラ旅と荷物預かりサービス「エクボクローク」が提携

京都中央郵便局、荷物預かりシェア「ecbo cloak」導入開始

「ecbo cloak」静岡エリア観光協会初、焼津市導入

関連記事