ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」2019年7⽉1⽇開業

「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」2019年7⽉1⽇開業

投稿日 : 2019.06.04

和歌山県

バケーションレンタル

株式会社サブライムは、本州最南端の歴史的町並みが残る和歌⼭県串本町に、築140年以上の古⺠家をコンセプトホテルに改修した「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」を開業する。

築140年の古⺠家コンセプトホテル

出典:subLime

同ホテルは少⼦化が進み空き家増加の課題を持つ串本町の町並みの保存継承と観光振興を⽬的に、紀陽銀⾏と串本町などが地域活性化に向けた包括連携協定を元に資⾦調達し改修した。

定員は2棟3室計22⼈。1泊2⾷付きで一名2万〜8万円。今後2020年までに同区内にある古⺠家を改修し客室10棟15室を新たに開業予定だという。

本州最南端のまち串本町は⼈⼝約1.7万⼈、ラムサール条約に登録された海や歴史的資源があるほか、柑橘類や⽔産物など地域資源が豊かなまち。海岸は奇岩・怪岩といった雄⼤な景観を誇り、海はダイビング・スノーケリングスポットとして国内外の⼈々を惹きつけている。

その景観を活かした観光業は、古くから串本町の主要産業。町内には⼤きな網元の屋敷や蔵、煉⽡造りの建物などが残存し、⽯垣や⽯塀が建ち並ぶ道からは⼤正・昭和の歴史を⾊濃く感じられる町並みとなっている。 

【同施設 概要】
所在地 :和歌⼭県東牟婁郡串本町串本879−1
敷地⾯積:1,067.76㎡
延べ床⾯積:573.76㎡

和歌⼭県東牟婁郡串本町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、串本町には宿泊施設が39、部屋数にして652室が提供されている。

客室数トップ5は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同町には、マリオット・インターナショナルと積水ハウスが、国内の自治体と連携し、各地の「道の駅」周辺にホテルを展開する「Trip Base(トリップ・ベース) 道の駅プロジェクト」があり、串本町くじの川に96室で2020年秋の開業を予定している。

【合わせて読みたい】

積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

せとうちDMO、古民家「長者屋」「不老仙」9月1日開業

せとうちDMOが庄原市と包括連携、古民家宿泊施設を開発

福井県小浜市の古民家をリノベした分散型ホテル始動

かながわ観光活性化ファンド、古民家再生のくらつぐに出資

関連記事