ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

投稿日 : 2018.11.29

指定なし

栃木県

岐阜県

三重県

京都府

和歌山県

新規ホテル情報

積水ハウス株式会社とマリオット・インターナショナルは、国内の各自治体と連携し、「道の駅」をハブにした、「地域の魅力を渡り歩く旅」を提案する地方創生事業「Trip Base(トリップベース) 道の駅プロジェクト」を展開。

ロードサイド型ホテル、5府県15か所約1,000室規模

ファーストステージとして、ロードサイド型ホテルを2020年秋以降に5府県(栃木県、岐阜県、三重県、京都府、和歌山県)15か所約1,000室の規模でオープンし、その後順次全国に展開していく予定。

同プロジェクトは、「未知なるニッポンをクエストしよう」をコンセプトに、全く新しい体験型の旅のスタイルとして提案。

文化・風習・暮らし・食など、地域に根差した地域資源を地元の人々と共に提供する。全国各地で人気の「道の駅」に隣接したホテルを自動車やバイク、自転車などで渡り歩きながら、地域と人とのつながりを感じることを通じて旅行者の満足度を高めることを目指す。

核となるホテル事業は、ユーザビリティの高いマリオット・インターナショナルの日本初上陸となるホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット(Fairfield by Marriott)」によりロードサイド型ホテルを展開。

ホテルはシンプルにゆったりとくつろぐことのできる宿泊特化型で、食事や土産などは道の駅をはじめとした地域の店で購入してもらうことで、地元コミュニティと協力しながら地域とのふれあいを最大化していく。

今後、インバウンド需要の更なる拡大や、国内外の旅のスタイルの多様化が見込まれ、積水ハウスの質の高い宿泊施設を短工期で提供できる技術とマリオット・インターナショナルの高いホスピタリ ティとグローバルネットワークという双方の強みを生かしながら、趣旨に賛同するアライアンスパートナーと協業し、新しい旅のスタイルを通じて地方創生・地域活性化の一助となる取り組みを推進していく。

積水ハウス株式会社 代表取締役社長 仲井 嘉浩 氏のコメント

「 マリオット・インターナショナルとプロジェクトを組み、今後更に多くの来訪者が見込まれる「道の駅」をハブに、新しい旅のスタイルをご提案する地方創生事業を地域の皆様のご理解ご協力を頂きスタ ートすることができたことを大変嬉しく思います。

本事業の今後の推進にあたっては、地元の観光事業者と自治体、地域の活性化や繋がりを創出する多くのアライアンスパートナーの皆様なしには実現できません。趣旨にご賛同いただける皆様と共に地方創生・地域活性化の一助になれるよう、本プロジェクトを推進していきます。」

マリオット・インターナショナル アジア太平洋 社長兼マネージングディレクター クレイグ・スミス 氏のコメント

「 近年、日本のインバウンド市場は急速な成長を遂げています。今年だけでも、8 月時点で既に 2,000 万人を超えるインバウンド旅行者を迎え入れており、2020 年までに年間 4,000 万人を達成するという 日本政府の目標に確実に近づいています。

しかし、人気の都市部から外れた地方のデスティネーション を開拓したいという需要が増えているのにも関わらず、そういった地域には未だ限られた宿泊施設しかありません。私たちの良きパートナーである積水ハウスの皆様とともに、フェアフィールド・バイ・マリオットが提供するシンプルさと信頼感により、日本全国の新たなデスティネーションにて心温まるお もてなしを提供し、こうしたトレンドを取り込めるのではないかと見込んでいます。」

出典:積水ハウス

【合わせて読みたい】

道の駅「伊豆のへそ」11月23日リニューアルオープン

セントレアに「フォーポイントバイシェラトン」11月1日開業

マリオットが『モクシー大阪新梅田』を2020年秋に開業ー日本3軒目

関連記事